トップランナー住宅会社から学ぶ 収益アップ・品質向上 のためのICT活用術
概要

住宅会社経営において永続的な課題が、収益アップと品質向上。今までは増員や労働時間増で対応してきました。しかし、働き手の意識の変化や働き方改革で、それが難しくなった今、収益アップ・品質向上と働き方改革を両立させるために住宅会社経営者はどのように舵取りをすべきなのでしょうか。新建ハウジングの独自調査で、住宅会社の最重要課題として「職人不足」74%、「人材確保難」66%という結果が出ました。また、「働き方改革の取り組み」については41%の工務店が“ICT導入による業務効率の改善”を挙げています。人材不足とICT化、一見違う話に聞こえますが、商談管理、見積や実行予算、発注、工程管理にいたるまで情報を一元管理することができるICT化は、生産性を上げ、現場効率化ができ人手不足解消をし、結果的に収益アップ・品質向上につながります。今回は、ICT化で社内改革をしながら成長を遂げているトップランナー住宅会社をお招きし精鋭経営の秘訣をお話しいただくほか、ICT専門家の知見からその活用方法を学びます。消費増税、東京五輪需要の反動減など、マイナスインパクトが重なる2020年を控える中、競合に吹き飛ばされず勝ち抜くためにもICT化を進めていきましょう!

日付・場所
東京会場
2018年10月17日(水)
品川フロントビル会議室(東京都港区港南2-3-13 B1階)
http://shinagawafront.com/access/
大阪会場
2018年10月24日(水)
ハートンホテル北梅田(大阪市北区豊崎3-12-10)
https://www.hearton.co.jp/access/kita-umeda
時間

13:00~17:30(12:30開場)

参加費

新建ハウジング有料購読者無料
(未購読者:15,000円/名)

定員

各会場100名
※ICT関連企業のご参加はご遠慮ください。

講師

弘中 一久氏(株式会社安成工務店 取締役住宅事業部長)
五十嵐 一真氏(株式会社大成不動産 事業本部 マネージャー)
三浦 祐成氏(新建新聞社 代表取締役)
ダイテック
株式会社玉善 ※ビデオ出演

申込方法

下記ホームページのフォーマットよりお申し込みください。

共催

株式会社ダイテック 新建新聞社

詳細

https://www.s-housing.jp/archives/141304