第20回 日本建築学会関東支部 提案競技「美しくまちをつくる、むらをつくる」
概要

実在の市街地を対象に、今後の「まち」をテーマに、建築・都市の専門家、地元に暮らす子どもから内外の大人までが参加する提案競技。今年はは千代田区が対象地。課題は「濠や川などの水辺空間を活かした生活・環境・文化の継承」。

応募資格

不問。ただし、第1次審査を通過し2次審査へ進出するものは日本建築学会の個人会員であること。共同制作者も同様。

審査員

陣内秀信 (法政大学特任教授)
阿部 彰 (建築家・まちふねみらい塾専務理事)
伊藤香織 (東京理科大学教授)
岩本唯史 (建築家・水辺総研代表取締役)
大森幹夫 (千代田区まちづくり担当部長)
高浜洋平 (竹中工務店まちづくり戦略室副 部長)

最優秀賞 1点:20万円
優秀賞 3点:5万円
佳作 4点:記念品  ほか

登録締切日

2018年10月15日

提出締切日

2018年10月15日(必着)

公開第二次審査

2018年11月20日

主催

日本建築学会関東支部

詳細

http://kanto.aij.or.jp/proposalcompetition