第192回aacaフォーラム
現在のアートをめぐるいくつかの問い~アートキュレーションの視点から~
概要

近年、地域アートプロジェクトや芸術祭が世界各地で盛んに開催されています。特に日本の東日本大震災以降の傾向として、アートが社会における役割を同う作品が注目されるようになリ、本来は自律した密閉空同であるはずの美術館の中のホワイトキューブも、少しずつその質を変化させてきています。アートが地域に投げ込まれたとき、それは何を表現するのか、そしてそれはその場に何をもたらすのかなど、現在のアートをめぐるいくつかの問いについて、講師が実際にかかわった「MOTサテライト」や「札幌国際芸術祭2017」をはじめとする事例によって語られます。その上で浮かび上がる、「誰がそれを何のために見せるのか」という問いについても、「キュレーション」という行為と絡めながらお話しいただきます。

講師

藪前 知子 氏(東京都現代美術館学芸員)

日時

2018年3月27日(火)18:00~19:30

会場

AGC スタジオ 2F(東京都中央区京橋2-5-18 京橋創生館)

アクセス

https://www.agcstudio.jp/access/

参加費

aaca会員/一般 2,000円、学生 500円

定員

70名(先着順)

申込方法

参加ご希望の方は、・氏名・勤務先・住所・電話番号・emailアドレスをご記入の上、fax、E-mailにて下記宛てにお申し込みください。

申込先・問合せ

一般社団法人 日本建築美術工芸協会 事務局宛  
TEL:03-3457-7998 FAX:03-3457-1598  
E-mail:simpo@aacajp.com

申込締切

2017年3月19日(月)

主催

一般社団法人 日本建築美術工芸協会|http://www.aacajp.com/

詳細PDF

http://kenchiku.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/02/evt20180222-1.pdf