瀬戸内Archiシンポジウム~せとうちアーキツーリズムの魅力と可能性~
概要

戦後における自由な思想と建築技術の発展を背景として創り出された瀬戸内の建築作品の魅力や観光資源としての可能性について語り合います。

日時

2018年3月10日(土)14:00~16:30(開場13:00)

場所

山陽新聞社さん太ホール(岡山市北区柳町2-1-1)

定員

300名程度(要事前申込)

入場料

無料

申込方法

次のいずれかの方法によりお申し込みください。

  • 下記ホームページよりチラシ(PDF)をダウンロードし、裏面の参加申込書に必要事項を記入の上、下記申込先までFax又はメールにてご送付ください。
  • 下記ホームページより岡山県電子申請サービスにアクセスし、必要事項を登録してください。
申込先・問合せ

岡山県土木部都市局建築指導課
Tel 086-226-7499、Fax 086-231-9354、Mail kenshinsa@pref.okayama.lg.jp

申込締切

2018年3月9日16:00

内容

<基調講演>
瀬戸内に展開された戦後近代建築の意味
-京都工芸繊維大学 教授 松隈 洋 氏
瀬戸内モダン建築巡礼
-株式会社フリックスタジオ 共同主宰 磯 達雄 氏
瀬戸内で、ケンチクを巡る旅へ!
-株式会社せとうちホールディングス 執行役員 白井 良邦 氏

<パネルディスカッション>
ケンチク女子と語るせとうちアーキツーリズムの魅力と可能性

主催

瀬戸内近現代建築魅力発信協議会
(兵庫県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、(一社)せとうち観光推進機構)

詳細

http://www.pref.okayama.jp/site/presssystem/543136.html