建築家フォーラム 第165回
「before planning after planning」
概要

能作淳平氏は地域性や伝統を手掛かりとして作品を作り上げる若手建築家である。
これから世に出ようとする若手にとって、地域性あるいは伝統といった概念は非常に扱いが難しい。ややもすると歴史という巨大な存在に巻き込まれ、自らの存在が波間に消え失せてしまう場合が多いのだ。
ところが能作氏は地域性あるいは伝統を極めてアヴァンギャルドに読み替え、極めて強い作家性を醸し出すことに成功しているのである。
今や国内で5人最も著名な30代前半の建築家を挙げるとき、能作の名前が落ちることはない。
能作氏の手法は意表をつく。屋根そのものを引っ越しさせるプロジェクトは知っていたが、まさか本当に実現すると思っていた人は少ないであろう。その仕掛けの背景には地域性や伝統という定理の転覆がある。地域性や伝統というものは過去の様式ではなく、今まさに日常のどこにでも存在する私達日本人そのものなのである。
そこには新しいあるいは古いという時間軸に立脚した概念は存在しない。過去と現在は日常の中に今存在するのだ。
今彼の世代は建築の在り方を根本から変えようとしている。私も含め旧来の建築家は刮目せねばならないと思うのである。

(手塚貴晴)

登壇者
(敬称略)

講演者:能作 淳平(建築家/ノウサクジュンペイアーキテクツ主宰)
聞き手:手塚 貴晴(建築家/建築家フォーラム幹事)

日時

2018年1月23日(火)受付18:00 開演18:30~20:00

会場

大光電機(株)両国ビル 10F
(東京都墨田区両国4-31-17)

アクセス

http://www2.lighting-daiko.co.jp/showroom/#tokyo

会費

会員:無料、法人会員:(3名まで)無料、一般ビジター:¥2,000、学生・院生ビジター:¥1,000

申込み・問合せ

建築家フォーラム事務局 担当/淵之上・篠田
TEL:03-6658-5720 FAX:03-5637-1761

申込締切

2018年1月19日(金)

主催

建築家フォーラム|http://www.kentikuka-forum.net/