『都市経営時代のアーバンデザイン』出版記念@京都
「アーバンデザイン・都市計画の役割を世界と関西から問い直す」
趣旨

人口減少と社会の成熟が進み、都市計画やアーバンデザインの公共性や全体性が問い直されています。成長時代の法律、制度に縛られ、市民の支持を失いつつある都市計画。新規開発投資の縮減とともにビジョンが描きづらくなってしまったアーバンデザイン。そうした現実に、世界の先進都市はどのように対応しているのでしょうか。また私たちはこれからどう向き合っていくべきなのでしょうか。
市民の生活の舞台である都市を支えるはずの計画とデザインの効力を、会場の皆さんとともに、今あらためて問い直したいと思います。ふるってご参加ください。

日時

2017年5月29日(月)18:30~20:30(開場18:00)

会場

学芸出版社 3階
(京都市下京区木津屋橋通西洞院東入)

アクセス

http://www.gakugei-pub.jp/kaisya/index.htm

会費

1000円、交流会(希望者のみ)1000円
※『都市経営時代のアーバンデザイン』ご持参の方、会場でお買い上げの方は会費無料

定員

50名(先着順)

プログラム

18:30-19:30 本の概略、事例紹介(ニューヨーク、バルセロナ)
19:30-19:40 休憩
19:40-20:00 都市空間のつくり方研究会からの問題提起
20:00-20:30 ディスカッション

関連書籍

『都市経営時代のアーバンデザイン』
西村幸夫編、中島直人、阿部大輔ほか著
http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3228-4.htm

主催

学芸出版社

詳細・申込み

http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1705urban/