関西大学博物館テーマ展「関西大学と村野藤吾」
概要

関西大学千里山キャンパスには、建築家・村野藤吾(1891~1984)が、昭和25(1950)年頃から約30年間設計に関わった建物が約40棟ありました。しかし老朽化のため、解体や改修が行われ、現存する建物はほぼ半数となりました。
本展では、平成28年度に京都工芸繊維大学の学生が制作した昭和44(1969)年頃の「関西大学千里山キャンパス」建築模型を展示します。それらの模型を通じて、改めて本学の歴史の一部を知ってもらえれば幸いです。

会期

2017年4月1日(土)~5月21日(日)

休館日

日曜・祝日休館
※2017年4月2日(日)、5月21日(日)は特別開館日

開館時間

10:00~16:00

会場

関西大学博物館 常設展示室
(大阪府吹田市山手町3-3-35)

アクセス

http://www.kansai-u.ac.jp/Museum/access.html

入場料

無料

関連情報

<講演会>
「村野藤吾の思想と方法-関西大学校舎群を中心に-」
日時:2017年4月15日(土)13:00~
   (キャンパスバスツアー14:40~)
会場:関西大学博物館
講師:笠原一人 氏
申込:http://www.kansai-u.ac.jp/Museum/info/detail.php?i=208

主催・問合せ

関西大学博物館
TEL:06-6368-1171 FAX:06-6388-9928
E-mail:hakubutsukan@ml.kandai.jp

詳細

http://www.kansai-u.ac.jp/Museum/info/detail.php?i=207