実務者のための 設計・監理契約書 講習会
概要

建築士法の一部を改正する法律(平成27年6月25日施行)に対応するため、四会連合協定建築設計・監理等業務委託契約約款調査研究会(以下、四会研究会)では、四会連合協定建築設計・監理等業務委託契約書類を改正するとともに、新たに小規模向けの契約書類を制定し、平成27年3月に発行いたしました。これを受けて、四会研究会では、四会契約約款の2種類の解説書(一般向け・小規模向け)を平成28年9月に発行いたしました。今回、この新しい解説書をテキストとして、契約の重要性、約款の内容などを学習することを目的とした講習会を開催いたします。建築士法改正により契約の重要性が高まっており、契約書類の使用方法等をよく理解することが重要です。この機会にぜひ、ご受講下さい。

日程・会場

1月下旬~3月頃、全国各地にて開催予定
※詳細は下記四会研究会のウェブサイトを参照してください。

講習内容
両約款共通編
1. 本調査研究会の活動
2. 契約一般について
一般向け編
3. 業務委託契約書類の解説
4. 契約約款の逐条解説
5. 業務委託書の解説
6. Q&A
小規模向け編
7. 業務委託契約書類の解説
8. Q&A
9. 契約約款の逐条解説
  • 2種類(一般向け、小規模向け)のテキストを両方使用する講習会と、どちらか片方のみを使用する講習会があります。上記の講習内容は、2種類のテキストを使用する場合の例です。詳しくは、各都道府県の建築士事務所協会へお問合せ下さい。
受講料

開催団体により異なります。

申込方法

開催団体にてお申し込みください。

主催

開催地都道府県建築士事務所協会、(一社)日本建築士事務所協会連合会

共催

四会連合協定建築設計・監理等業務委託契約約款調査研究会

※四会連合
(公社)日本建築士会連合会、(一社)日本建築士事務所協会連合会
(公社)日本建築家協会、(一社)日本建設業連合会
詳細

四会研究会ウェブサイト
http://www.njr.or.jp/yonkai/