第6回 SRF賞
テーマ

「みんなで考える安全で快適な街づくり」
SRF部門では、より安全で快適な将来の街づくりを実現・維持するための技術に関して、夢のある革新的なアイデアを募集します。自然災害を軽減するための工学的な技術開発などが中心になりますが、社会制度の改革に関する提案、身近な防災関連用品や公共施設のデザイン、あるいは情報通信技術の応用などに関するアイデアも含まれます。アイデアの新規性や独自性だけでなく、テーマによっては実験や理論によって背景の検証や証明などが独自に試行されているのが望ましい場合があります。また、表現の巧拙も審査の対象になりますので、できるだけ明快で美しく簡潔で理解しやすいプレゼンテーションを目指してください。
なお、一般部門では、毎日の暮らしの中でふと浮かんだ考えや工夫など、夢のあふれる自由な発想によるアイデアをご自身の感性で1枚の原稿にまとめてください。

応募資格

どなたでもご応募いただけます。
個人・グループを問いません。SRF部門については、応募は1人(1グループ)1作品とさせていただきます。一般部門については、1人で複数の応募を可としますが、同一タイトルでご応募をされた場合は、後からご応募された作品を審査対象といたします。なお、1人で両部門へのご応募も可能です。SRF部門の大賞・優秀賞の方には、2018年3月10日に東京都内で行われるシンポジウムで簡単な発表をしていただきます。当日の模様は、YouTubeでライブ配信いたします。

応募部門・賞金

【SRF部門】

  • 大 賞(1作品) 100万円
  • 優秀賞(1作品) 50万円
  • 佳 作(1作品) 10万円

【一般部門】

  • 優秀賞(10作品) 10万円
  • 佳 作(20作品) 2万円
応募形式

既定の応募原稿をPDFで保存し、下記ホームページの応募フォームよりご応募ください。
①SRF部門:A3サイズ1枚のレジメとA4サイズ数枚までの応募原稿
②一般部門:A3サイズ1枚
両部門とも、書式・体裁は自由です。言語は原則として日本語に限ります。

審査員

伯野 元彦(東京大学名誉教授 元東京大学地震研究所所長)
壁谷澤 寿海(東京大学地震研究所教授)
團 紀彦(建築家)
石子 達次郎(株式会社日進産業 代表取締役社長)
五十嵐 俊一(構造品質保証研究所株式会社 代表取締役社長)
※敬称略・順不同

応募期間

2017年12月1日~2018年2月12日必着

選考結果

発表は2018年3月10日のシンポジウムにて行います。当日の模様は、Youtubeでライブ配信いたします。
入賞者には個別に結果をお知らせいたします。

問合せ

件名に「第6回SRF賞」とご記載の上、メールにてお問い合わせください。
Email:srfhq@sqa.co.jp SRF賞事務局

詳細

http://www.srfcon.com/


Pick-Up

建築新人戦2018