第8回 21世紀型木造住宅建設フォーラム設計競技
募集内容

テーマ<新しい伝統構法の家 2017>

今日の日本の住宅生産は戦後の工作機械の近代化によって住宅産業として飛躍的に発展しました。その反面、手仕事を中心とした高度な伝統的な木造建築技術は衰退を余儀なくされ、大工・工務店の存続が危ぶまれている現状があります。
このような現状認識の下、本プロジェクトはものつくり大学が主体となって新しい木造住宅づくりのネットワークを構築することを目的に立ち上げられました。本プロジェクトでは大学と住み手・作り手・自治体が共に手を携えて、近隣の森の木を使いながら、高度な伝統的木造建築技術およびその関連技術を活かした家づくり、すなわち「伝統構法を用いた新しい家づくり」を目指しています。
今回の募集では下記の課題要件に適う既に実施された取り組みを募集します。

課題要件

1.基本要件

  • 主たる構造を伝統的な木造軸組構法とした新しい専用住宅(竣工済み)に関する提案。

2.注意事項

  • このコンペに応募する場合には、建て主や住み手などの関係者が作品応募や受賞後の作品発表に同意していることを条件とします。
  • このコンペは新しい木造住宅の在り方に関する取り組みを積極的に表彰するために行われます。
審査基準
  1. 「文化としての家づくり」を目指しているか。
  2. 近隣の森の木の利用を前提としているか。
  3. 伝統的木造技術およびその関連技術を活かした家となっているか。
  4. 現代生活に調和したデザインとなっているか。
  5. 室内環境に配慮した工夫が見られるか。
審査員
(敬称略)

白井裕泰(審査員長)、大島博明、大塚秀三、小野泰、澤本武博、田尻要、林英昭、深井和宏、三原斉

応募資格

個人。グループ、複数点の応募も可能です。

応募登録

下記の「21世紀型木造住宅建設フォーラムWebサイト」より応募用紙をダウンロードし、Emailに添付してお送りください(FAX不可)。提出物等、詳細は下記ホームページを参照。
E-mail:21cwhf@gmail.com

作品提出先

〒361-0038 埼玉県行田市前谷333
ものつくり大学 建設学科林英昭研究室宛
TEL:048-564-3860

応募期間

2017年11月1日(火)~2018年2月2日(金)必着

結果発表

2018年2月9日(金)21世紀型木造住宅建設フォーラムWebサイト上にて発表します。

一位一点:15万円

主催

21世紀型木造住宅建設フォーラム

詳細

https://sites.google.com/site/21cwhf/home/2016competition