三浦展 × 笠置秀紀『教養としての都市論~感性を刺激する33冊』発売記念トーク
概要

SkiiMaは「好きと好きの間に」をコンセプトに働く場所だけでなく、コミュニティやカルチャーが生まれるキッカケづくりとして様々なイベントを開催しています。

オープンから開催しているSkiiMa Talk specialは今回、社会や都市などの研究から新しい時代を予測し社会デザインを提案している研究者の三浦展さんと建築家の笠置秀紀をお迎えし、三浦さんの新刊『教養としての都市論33冊』をベースに、都市のあるべき姿と都市で働くことの意義を考えていきます。

<三浦さんコメント>
私は40年ほど前にパルコに入社し、都市や郊外を調べることが仕事になりました。今回は私の新刊『教養としての都市論33冊』をベースにしながら、吉祥寺出身の建築家であり街づくりもされている笠置秀紀さんと共に、都市のあるべき姿と都市で働くことの意義を考えたいと思います。取り上げる本は『アッジェのパリ』『最暗黒の東京』『都市計画家石川栄耀』『木村伊兵衛のパリ』『人が集まる』『マチノロジー』『東京漂流』『昭和二十年東京地図』『九龍城砦』『TOKYOSTYLE』『養老天命反転地』『集落の教え』など。私は音楽が好きなのでそれぞれの本に似合うBGMも紹介しながらお話しします。

登壇者
(敬称略)

三浦展(カルチャースタディーズ研究所主宰)
笠置秀紀(建築家・都市研究者)

日時

2021年8月6日(金)19:00~20:00

会場

<会場観覧>
SkiiMa KICHIJOJI
〒180-8520 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目5-1 吉祥寺PARCO8F
アクセス:https://kichijoji.parco.jp/info/?gcd=access

<オンライン>

定員

<会場観覧>
15名

<オンライン>
オンライン配信は、どなたでもご覧いただけます。

申込方法

下記ページよりお申し込みください。
https://skiimatalkwithswitch-210806.peatix.com/

詳細

https://skiima.parco.jp/kichijoji/event/detail/?id=95