もしガウディが現代の最先端3D プリンティング技術に出逢ったら…
「未来をひらく窓―Gaudí Meets 3D Printing」
概要

YKK APは「Architectural Productsで社会を幸せにする会社。」というパーパスに基づき、 窓が建築や人々の生活をより自由に、より幸せにすることを目指し、日々窓を考えています。 本展「未来をひらく窓―Gaudí Meets 3D Printing」では、世界的に著名な建築家アントニ・ガウディの窓に着想を得て、自然環境と呼応する様々な機能や造形を持つ、3Dプリンタでつくる新しい窓のプロトタイプデザインを展示します。 自然と人々の暮らしの間で進化を遂げてきた窓自身がさらなる未来を切りひらいていく様を表現すると同時に、 YKK環境ビジョン2050「人と自然の未来をひらく」や、ガウディの「建築と自然の融合」というひらかれた建築思想にも共鳴しています。 また、「ガウディが現代の最先端3Dプリンティング技術に出逢ったら」という視点で、過去の良質なデザインを未来に生かしていく取り組みでもあります。

会期

2021年10月15日(金)~11月3日(水)

会場

東京ミッドタウン ガレリア B1 アトリウム(六本木)
(東京都港区赤坂9-7-1)

アクセス

https://www.tokyo-midtown.com/jp/access/public-transport/

入場料

無料

主催・企画

YKK AP株式会社

協力

カサ・バトリョ、カサ・ミラ

詳細

https://www.ykkap.co.jp/consumer/satellite/sp/window-future/