さつま町に開かれたあり方を目指して
堀部安嗣のデビュー作「ある町医者の記念館」と「南の家」トークと見学会
概要

鹿児島県のさつま町にある「ある町医者の記念館」は、地元で活躍された医師・前原則知さんの遺品を収蔵・展示する記念館です。また隣接する「南の家」は、前原さんのご子息の週末住宅です。いずれも建築家・堀部安嗣さんのデビュー作で、1995年に竣工しました。記念館はこれまで収蔵を主な目的とし、南の家も個人住宅のため、一般公開はされてきませんでしたが、2020年に築25年を迎え、今後は町に開かれたあり方を目指していきます。その第一歩として、このたび、2つの建物の見学会と堀部安嗣さんのトークを開きます。遠方ですが、どうぞこの機会にお出かけください。

トーク

日時:2020年2月15日(土)14:00~15:00
話し手:堀部安嗣(建築家、京都造形芸術大学大学院教授)
会場:「南の家」(鹿児島県薩摩郡さつま町求名3356-11)
会費:1,000円
定員:20名(要申込)
※満席のため受付を終了いたしました。

見学会

日時:2020年2月15日(土)13:00~14:00、15:00~16:00
会場:「ある町医者の記念館」と「南の家」(鹿児島県薩摩郡さつま町求名3356-11)
会費:500円
申込:不要(時間内に現地へ直接お越しください)
※見学会の時間帯も堀部安嗣さんは会場におられます。

主催

「ある町医者の記念館」活用を考える会

問合せ

電話 099-285-8291(鹿児島大学工学部建築学科鯵坂研究室)

詳細

https://horibe-aa.jp/news.html