NEWS Products

Leica 3D Disto + plug’nDraw -3次元測定結果がリアルタイムにAutoCADへ-


スイスに本社を置く測量機器メーカー、Leica Geosystems AGの日本法人ライカ ジオシステムズ株式会社は、AutoCADにプラグインできるLeica 3D Disto専用ソフトウェア『plug’nDraw』の販売を開始した。

『plug’nDraw』は、ドイツのソフトウェアメーカーKubit GmbHが開発したLeica 3D Disto専用ソフトウェア。
Leica 3D Distoには、本体を操作するタッチパネル式コントローラが標準装備されているが、2次元での測定確認のみ可能で、天井と壁といった3次元空間を測定した場合、天井と壁、それぞれを2次元で確認することは出来るが、同時に3次元で確認することは出来なかった。
『plug’nDraw』を使用することで、測定作業をしながら結果を3次元で確認することが可能となった。さらに、AutoCAD上で動くソフトウェアなので、データの修正や追加などの編集を現場で済ませることができ、測定ミスや漏れを防止することが出来る。

使用可能なAutoCADバージョン:
・AutoCAD 2010-2013
・AutoCAD LT 2010-2013

お問合せ先:
ライカ ジオシステムズ株式会社 ツールズ事業部 
東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコート17F
Tel.03-5940-3101
Fax.03-5940-3056
disto@leica-geosystems.co.jp

ライカ ジオシステムズ株式会社
http://www.leica-geosystems.co.jp/jp/
YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=9eaKro238lU
Kubit GmbH
http://pluganddraw.com/