NEWS Products

膨張による不陸を解消した床専用構造用OSBパネル「TAI-Q」床


カナダ・エインズワース社は日本向けに湿気による不陸の改善を目指して設計された床専用構造用OSBパネル「TAI-Q」床を新製品発売した。OSBは北米で構造用下地として開発された、強度や耐久性を備えたエンジニアード・ウッド。短冊状の削片に配向性を持たせ、圧縮成型し接着して製造されている。
今回、エインズワース社はOSB材で指摘されてきた湿気による膨張に伴う端部の不陸の改善のため、外周部にテーパー加工することにより厚さ膨張に伴う不陸が起こりにくい構造にするとともに、MDI接着剤を100%使用して吸湿性への抵抗を高めた。APAエンジニアードウッド協会による第三者試験によれば、長手方向の伸長について「TAI-Q」床は、針葉樹合板と同等もしくはそれ以下の長さを膨張を示し、厚さ膨張についてはほぼ同等の値を示した。また、「TAI-Q」床は、サンダー加工による表面の平滑性の向上も実現。
さらに「TAI-Q」床には、APAエンジニアードウッド協会のT&G(本ざね加工)が採用され、OSBの端部接合を簡易に行うことができる。本ざねには「クラッシュゾーン」(凸部先端に設けれた隙間)と呼ばれる加工を施し、万が一、湿気によりOSBが膨張した場合でも不陸が生じない設計になっているので、反りうねりは発生しない。
「TAI-Q」床はJAS規格の F☆☆☆☆製品であり、ホルムアルデヒド放散量は定められた数値を大幅に下回り揮発性有機化合物(VOC)はほとんど検出されていない。
なお、OSBの原材料には、生長の早い良質な小径木アスペン等を使用して、早期に自然再生するカナダの豊富な森林資源を有効活用し、地球環境に負荷を与えない製品作りに配慮している。
パネルサイズは910㎜×1820㎜。厚さ15㎜から28㎜。特注サイズも可能。

インターレックス・フォレスト・プロダクツLTD.(エインズワース社日本窓口)
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-4 セタニビル8F
TEL03-6261-1320
http//www.interexjp.com
http://www.ainsworth.jp