NEWS News

「(仮称)弘前市芸術文化施設」が2020年度開館に向け本格始動



  • 煉瓦倉庫外観

  • 左から、(仮称)弘前市芸術文化施設 総合アドバイザー 南条史生氏、弘前市長 葛西憲之氏、弘前芸術創造株式会社 代表取締役 平出和也氏、建築家 ATELIER TSUYOSHI TANE ARCHITECTS 田根剛氏

  • 奈良美智氏の作品「AtoZ Memorial Dog」も煉瓦倉庫に収蔵されている

11月27日(月)、青森県弘前市が推進する吉野町緑地周辺整備等FPI事業に関する記者発表会が開催された。本事業は、JR弘前駅と弘前公園の中間に位置する吉野町煉瓦倉庫と緑地において、交流人口の増加や回遊性の向上による賑わいの創出、そして文化的なアイデンティティを支える拠点として、現在進行形のアートや土地に根差したアートを発信し、夢ある未来の基盤を官民連携によってつくる美術館を核とした文化交流施設「(仮称)弘前市芸術文化施設」を整備するもの。

この日は市長の葛西憲之氏、複数企業の共同出資により設立された弘前芸術創造株式会社の代表取締役・平出和也氏、本事業の総合アドバイザーである南条史生氏、そして建築家の田根剛氏ら4名による事業の概要説明と見学会が開催された。

煉瓦倉庫は、戦後、リンゴを原料としたシードルを日本で初めて生産した場であり、また近年では、弘前市出身の芸術家・奈良美智氏が展覧会を行なった場としても知名度の高い建物。「赤煉瓦倉庫の魅力を最大限活用し、現代アートのクリエイティブハブをつくること」を運営方針に掲げ、弘前市に残る吉野町煉瓦倉庫の改修と(仮称)弘前市芸術文化施設の創設という一連のプロジェクトを通して、「アートの感動を弘前にもたらし、人々が創造性の喜びへと向かう一連の流れをつくり出すこと」を最大のミッションとしている。

煉瓦倉庫の建築・改修は田根剛氏が担当。歴史と伝統に誇りを持ち、市として「レトロモダン」をコンセプトに現代の暮らしへと継続する弘前市民の高い文化意識と街への想いを汲み取り、歴史的建造物を多くの煉瓦を使って空間を組み立て直すプランを提案。古いものを新しくしてしまうのではなく、過去のものを未来へと引き継ぐ『記憶の継承』をコンセプトに煉瓦倉庫を美術館へと生まれ変わらせる。2018年5月に着工し、2019年秋に完成予定。2020年春のオープンを目指す。