NEWS News

映画「ジェイン・ジェイコブズ:ニューヨーク都市計画革命」4月28日(土)より公開


アメリカ・ペンシルベニア州スクラントン生まれの都市研究家、ジェイン・ジェイコブズに迫った初の映画が、4月28日(土)より渋谷・ユーロスペースでの公開を皮切りに全国順次公開。

イントロダクション(公式資料より一部抜粋)
1950年代ニューヨーク。それまでの都市計画を根底から覆し、ダウンタウンの大規模な再開発を阻止した一人の女性がいた。

1961年に出版された「アメリカ大都市の死と生」は、近代都市計画への痛烈な批判とまったく新しい都市論を展開し、世界に大きな衝撃を与えた。今や都市論のバイブルとなったこの本の著者は、NY のダウンタウンに住む主婦、ジェイン・ジェイコブズ。建築においては一介の素人に過ぎなかった彼女の武器は、その天才的な洞察力と行動力だった。本作は、当時の貴重な記録映像や肉声を織り交ぜ、“常識の天才”ジェイコブズに迫った初の映画。都市は誰がつくり、誰のためにあるのか? 私たちが暮らす街の未来を照らす建築ドキュメンタリー。

当時の主流は、アメリカンモダニズムを背景にしたゾーニングと自動車中心の都市計画。けれど一見合理的に作られたはずの街が次々と活力を失い、未来の廃墟となっていくのはなぜなのか?ジェイコブズは実際に活気溢れる街を、そこで暮らす者の視点で観察し、魅力的な街を作るための独創的なアイディアを練りあげた。対するは"マスタービルダー"の異名を持つニューヨーク都市開発の帝王、ロバート・モーゼス。彼が強引に推し進める開発プロジェクトを阻止するため、ジェイコブズとその仲間たちは立ち上がった。ワシントンスクエア公園で、グリニッジ・ビレッジで、そしてローワーマンハッタン高速道路の建設をめぐって、壮絶な闘いを繰り広げていく。

公式サイトでは予告動画を配信、前売り券も販売中。建築家の伊東豊雄氏や隈研吾氏からのコメントも掲載。

声の出演:マリサ・トメイ(『レスラー』『スパイダーマン:ホームカミング』)、ヴィンセント・ドノフリオ(『マグニフィセント・セブン』)
監督:マット・ティルナー
製作:ロバート・ハモンド、コリー・リーザー
編集:編集・共同製作:ダニエル・モルフェシス
作品情報:2016年/アメリカ/92分
原題:CITIZEN JANE Battle for the City
字幕監修:山形浩生
配給:東風+ノーム

「ジェイン・ジェイコブズ:ニューヨーク都市計画革命」公式サイト
http://janejacobs-movie.com/