NEWS Products

共同カイテック株式会社が、雨水流出抑制屋上緑化施設「スクエアターフ洪水無用」を発売


共同カイテック株式会社は、雨水流出抑制屋上緑化施設「スクエアターフ洪水無用」の発売を、2015年3月より開始する。

「スクエアターフ洪水無用」は、空き地が少ない都心部での流域対策やヒートアイランド対策に効果を発揮するほか、緑地面積の確保も兼ねる、環境改善に特化した雨水流出抑制屋上緑化施設である。10,000㎡以上の実績がある同社の雨水貯留型屋上緑化システム「スクエアターフRain96」を基に設計されており、従来の長期補償と安定した品質・性能に加え、大幅に雨水貯留機能を高めた製品となっている。

基本構造は3層からなり、最上段に天然芝+人工軽量土壌コンテナ、中段に芝の生育水を溜める貯水槽、最下段には豪雨対策用の一時貯留槽が設けられている。緑化部の保水能力は91リットル/㎡、一時貯留槽の能力は雨水貯留浸透施設の対策量に対応出来る60リットル/㎡(600㎡/ha)を有する。一時貯留槽に溜まった雨水は、特殊不燃布による排水部へ導かれ、24時間以内に自然排水される。そのため、一時貯留槽は常に雨水を溜められる状態となっている。

大都市での局地的集中豪雨が頻発している近年、大掛かりな工事や動力を必要とせず、安価で即導入可能な雨水流出抑制屋上緑化施設製品である。

 

【製品特長】

○屋上・地上部等に設置するだけで雨水流出抑制が可能

○動力不要の自然排水方式

○緑化によるヒートアイランド対策効果

○施工性の良さ、移動可能、再使用可能

○踏圧防止構造により歩行が可能

 

【製品仕様】

○構造:天然芝+土壌コンテナ、貯水槽、一時貯留槽

○用途:(1)雨水流出抑制施設(2)人口地盤部の緑化(屋上、地上部等)

○サイズ(㎜):土壌コンテナ407w×407L×60H

貯水槽407w×407L×90H

一時貯留槽:407w×407L×90H

(組合せ高さ…計230H)

○保水能力:91リットル/㎡(緑化部)

○一次貯留能力:60リットル/㎡

○重量:施工時44kg/㎡/満水時195kg/㎡

○構造:踏圧防止構造、雨水貯留・排水構造、コンテナずれ防止構造、根腐防止構造

○発売時期:2015年3月

○価格:34,800円/㎡(税別)

 

共同カイテック株式会社  http://www.ky-tec.co.jp/