くまもとアートポリス30周年記念シンポジウム
概要

昭和63年に始まった「くまもとアートポリス(KAP)」は、本年5月で30周年を迎えます。KAPはこれまで、本県の豊かな自然や歴史、風土を生かしながら、後世に残る文化的資産となる優れた建造物を数多く生み出してきました。このたび、KAPのこれまでの取組みを振り返り、熊本地震での「みんなの家」の整備などを踏まえて、今後のKAPの方向性や役割を県民等と話し合うことを目的に以下のとおりシンポジウムを開催します。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

日時

平成30年5月12日(土)午後2時~午後5時(開場 午後1時30分)

会場

熊本県庁 地下大会議室(熊本市中央区水前寺6丁目18番1号)

アクセス

https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_4350.html

定員

200名 ※事前申込優先

入場料

無料

対象

どなたでもご参加いただけます

申込方法

下記ホームページより申込書をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、郵送、FAX又はE-mailでお申し込み下さい。

申込先・問合せ

〒862-8570
熊本市中央区水前寺6丁目18番1号
くまもとアートポリス事務局宛(熊本県土木部建築住宅局建築課内)
TEL:096-333-2537 FAX:096-384-9820 E-mail:kap@pref.kumamoto.lg.jp

プログラム
(敬称略)
第1部
講演 伊東豊雄(建築家)
これからの建築のあるべき姿ーくまもとアートポリスの30年―
第2部
パネルディスカッション「みんなの家、その先へ」
千葉学、塚本由晴、伊東豊雄、桂英昭、末廣香織、曽我部昌史
主催

熊本県

協賛

株式会社LIXIL

詳細

https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_23061.html