KENCHIKUさん

帯収納の家 -内周空間の振る舞いを再考する-

設計:Studio Ateles 田中裕大/田中彩湖
Now Loading...

Loading...

庭に線を描くと内周が生まれ、振る舞いが生まれる。線を描くように建物内部に什器を配置し、"内周空間の振る舞い"を生み出すことが出来ないか考えた。

 

本計画は、1981年竣工の中古マンション(RC造)のリノベーション計画である。依頼主(夫婦2人暮らし)は、荷物量が多く、大きな収納を必要としていた。また、なるべく広々とした住まいを求めていたため、”塊”としての収納を帯状に引き延ばした「帯収納」を提案した。

 

RC造のマンションは梁型が大きく圧迫感があり、梁型によって空間が区切られている事が多い。そこで、帯収納に呼応するようにして梁下にL型の庇を設けた。各用途を貫く庇は空間を伸びやかに連続させ広がりを与えている。また、L庇に30mmのスリットを設け、ライン照明を設置することで、光の連続性を生み出し空間の一体感をより一層生み出す仕掛けとした。梁から漏れる光が梁の存在感を薄め、見付幅の小さい庇が、水平ラインを強調する。

■建築概要
所在地:東京都江東区
用途:住宅
家族構成:夫婦2人
延床面積:75.3 ㎡
設計監理:Studio Ateles
担当:田中裕大/田中彩湖
施工:水雅
撮影:田中 裕大、cowcamo(戸谷 信博)

 

■経歴
田中 裕大

1989
生まれ
2009-2013
武蔵野美術大学 造形学部
2014-2016
横浜国立大学 大学院 建築都市文化 専攻 Y-GSA
2016-
竹中工務店 設計部
2020-
Studio Ateles
2020-
HOPSCOTCH

 

■受賞
平成建設学生設計競技 奨励賞
住宅課題賞2012 平瀬有人賞
武蔵野美術大学卒業設計 奨励賞
せんだいデザインリーグ 50選
埼玉卒業設計コンクール 優秀賞
第30回環境デザインコンペ 佳作

 

■活動

2009
赤坂•青山子ども中高生共育事業
建築プログラム
2010
香港マカオ建築都市WS
2011
yhcs2011
2012
Acoustic Festival presents
RAINBOW FESTIVAL
2014
Summer WorkShop in Chile
(with Pontificia Universidad Católica de Chile:Inicio)

 

Studio Ateles
https://studioateles.wixsite.com/hp001

 

■経歴
田中 彩湖

2009-2013
武蔵野美術大学 造形学部
2013-2017
有限会社 アンドウ・アトリエ        
二級建築士