KENCHIKUさん

目黒八雲の長屋

設計:高池葉子/高池葉子建築設計事務所
Now Loading...

Loading...

(写真撮影:中村絵)

旗竿敷地に建つ18戸の長屋の計画である。

3棟の分棟形式とし、吹き抜けのメゾネットやトップライトのあるフラットなど、住戸面積は小さいが広がりのある多様な住戸で構成した。

周辺環境と居住スペースを皮膜一枚で分断するのではなく、敷地内通路、ドライエリアおよび外部階段、縁側スペースが重層的に居住スペースを取り巻き、グラデーショナルに周囲から距離を取っている。

パネル状のカーテンで仕切られた「四辺縁側」は、居住スペースを周囲に拡大したり、逆にプライベートに集約したりすることを可能とする。

都市住民のライフスタイルに合わせて周囲との関係を段階的に、自律的に調整できる、新たな長屋形式の住まいの提案である。

■建築概要
建物名称:目黒八雲の長屋
所在地:東京都目黒区
建築用途:長屋
設計:高池葉子建築設計事務所
構造:浜田英明建築構造設計
設備:建築エネルギー研究所
外構デザインアドバイザー:FOLK
施工:[建築] アイガー産業
[テント・サイン] 三鷹テント
[外構] 藤橋造園
階数:地下1階、地上3階
主体構造:RC造
敷地面積:398.21㎡
建築面積:137.01㎡
延床面積:572.11㎡
設計期間:2016年3月〜2016年10月
工事期間:2016年11月〜2017年7月
写真:中村絵

 

■経歴
高池葉子

1982
千葉県生まれ
2008
慶應義塾大学大学院 修了
2008-2015
伊東豊雄建築設計事務所 勤務
2015
高池葉子建築設計事務所 設立
2017
慶應義塾大学 非常勤講師
2017-2021
工学院大学 非常勤講師
2020-2021
関東学院大学 非常勤講師
2021-
日本大学 非常勤講師・
明治大学 非常勤講師

2011年の東日本大震災の後、伊東豊雄氏と集いの場「みんなの家」の建築に奔走。その過程で、人と人の結びつきが強く残っている地域の力と、その力を発揮する建築のあり方に目覚める。

 

■受賞

2015
「神戸ビエンナーレしつらいアート部門」入賞
2018
「SDレビュー2018」奨励賞
2020
「第46回東京建築賞」
他、公共建築プロポーザル等の受賞

 

 

高池葉子建築設計事務所
http://yokotakaike.com
〒151-0053
東京都渋谷区代々木4-22-11
チサンマンション参宮橋 1G
Tel:03-6804-1931
Email:yoko@yokotakaike.com