KENCHIKUさん

屋根の空地

設計:白子秀隆建築設計事務所
Now Loading...

Loading...

アパートや隣家に囲まれた住宅地に建つ、「親世帯」・「子世帯」・「地域のライブラリー」の3つ住戸のある家です。

 

相互の空間の分離と遮音が必要とされましたが、壁や床で完全に遮断するのではなく1階と2階の間に、三角形の隙間「屋根の空地」を設けました。
屋根に置かれた植栽が上下に伸びて、それぞれの住戸に侵食していくような緩やかな関係性と、本来の屋根のように、用途に縛られない自由で快適な居場所を作りたいと考えました。
「屋根の空地」という半外部の中間的な空間を設ける事で各住戸に対して、光や風をつなぎ、住人の視線や音をコントロールする環境的な役割を担っています。

 

また、同じように街に対しても住まいと街を遮断せず、ワークショップや地域の子供の遊び場になるように、1階に地域のライブラリーを設けました。直接的に開くのではなく、住まいと屋根の空地を介して間接的に、ちょうどよい距離感の地域コミュニティーを期待しています。

 

■建築概要
所在地:神奈川県川崎市
用途:長屋
家族構成:夫婦+子供2人+母親
構造:木造
敷地面積:180.74㎡
延床面積:144.47㎡
竣工年月:2018年3月
設計:白子秀隆建築設計事務所
施工:日本住研
写真:上田宏、畑拓

 

白子秀隆

1976
神奈川県生まれ
1998
東海大学建築学科卒業
2000
東海大学大学院修了
2000
インターデザインアソシエイツ
2003
若松均建築設計事務所
2008
白子秀隆建築設計事務所設立
2011-
東海大学非常勤講師
2013-
日本工業大学非常勤講師
2014-2017
東京理科大学非常勤講師

 

白子秀隆建築設計事務所
https://shaa.jp/
本社
〒213-0005
神奈川県川崎市高津区北見方2-17-12 SH-B
ヤクモオフィス
〒152-0023
東京都目黒区八雲3-30-1 サクラテラスE