KENCHIKUさん

複合古民家実験住宅 TateshitaCommon

設計:L・P・D architect office
Now Loading...

Loading...

施主でもある設計者の、昔ながらの日本家屋を現代のライフスタイルに読み替え次世代に繋いでゆきたい-という思いから始まった実験住宅です。

 

評価額ゼロ円、築60年の古家を二世帯住宅と設計事務所へ改修し、母の美容室を増築。昔ながらの日本家屋は素材として魅力的ですが断熱性・気密性が極めて低く、健康に暮らすことはできません。そこで、屋根は瓦を下ろしかつての不揃いな野地板をそのまま仕上げとしながらも外断熱を施し、板金葺きとすることで軽量化。壁面は既存土壁を残し外断熱とすることで、土壁の熱容量を活かし安定した温熱環境を実現しています。

 

敷地は小学生や市民に日常的に利用される緑道に面しています。この立地を活かし、庭を民地公園TateshitaCommonとして、地場間伐材ベンチ設置や野外映画祭の開催など設計者自ら実施してきました。

 

この建築がプロトタイプとなり近隣民家も資源として活用されることで個性豊かなローカルエリアの実現を目指しています。

■建築概要
建物名称:複合古民家実験住宅 TateshitaCommon
用途:店舗併用二世帯住宅
所在地:宮城県岩沼市
構造:木造
敷地面積:190.33㎡
延べ面積:218.98㎡
設計:L・P・D architect office

 

 

■経歴
洞口苗子(Naeko Horaguchi)
神奈川県藤沢市生まれ。
東日本大震災後、大学院時代に宮城県石巻市牡鹿半島へ通ったことをきっかけに、東北の豊かさに触れ、宮城県へ移住。

2011
法政大学デザイン工学部建築学科
渡辺真理研究室 卒業
2013
法政大学大学院デザイン工学研究科
建築学専攻 渡辺真理研究室 修了
2013-
都市建築設計集団/UAPP 設計スタッフ
2016
デザイン事務所 L・P・D 設立
2016-2018
東北工業大学ライフデザイン学部
安全安心生活デザイン学科 非常勤助手
2018
一級建築士事務所 L・P・D architect
office へ改組
2018-
東北工業大学工学部建築学科 非常勤講師

 

L・P・D architect office
http://l-p-design.com/index.html
〒989-2441
宮城県岩沼市館下 3-1-23