KENCHIKUさん

house-f:海を望む家

設計:坂本政彦
Now Loading...

Loading...

「海を望む高台に位置する宅地分譲地開発された住宅地の一画に計画された住宅。

当計画と海との間には、別区画が存在するが、隣地建物の隙間から海を望むことが出来るように、バルコニーを敷地の東側に南北方向に配置した。

敷地の制約から、LDKを2階に配置、バルコニーの東側の壁は、2.4Mの高い壁とすることによりプライバシー性を高め、中庭的な場とした。

LDKは、1.5層分の高さ(天井高約3.5m)とし、隣地との距離が厳しい中で高窓からの光を取り込み、採光性に配慮している。

無垢フローリング、珪藻土塗り壁、塗装建具、鋳物アイアン金物などの要素により、素材感ある柔らかいイメージのインテリアとしている。

延床面積は、約25坪とコンパクトであるが、無駄の無いスッキリとした間取り、開放的に使えるバルコニーテラス・洗面化粧室、高い天井高などにより狭さを感じない住み心地の良い住まいとなっている。

■建築概要
所在地:神奈川県横須賀市
用途:専用住宅
敷地面積:101㎡(30.6坪)
建築面積:42.80㎡(12.9坪)
延床面積:84.78㎡(25.6坪)
別途 ガレージ部:約16㎡(4.9坪)
構造:在来木造2階建て

 

■経歴
坂本政彦(Sakamoto Masahiko)

1970
神奈川県生まれ
 
早稲田大学理工学部建築学科卒業
 
㈱入江三宅設計事務所、 鹿島建設㈱、
㈱日本設計、㈱都市デザインシステム
(現UDS)にての従事を経て
1999
㈱ピー・アイ・イー設立
(2000年法人化)
現在
一般社団法人日本スローライフ・
マイスター協会 理事

 

株式会社 ピー・アイ・イー 一級建築士事務所
https://pie-jp.com
〒107-0062
東京都港区南青山2-14-4 Crane Court #C1