KENCHIKUさん

Himonya House

設計:元松直治
Now Loading...

Loading...

(夫婦+子+祖母)の3世代の家族が暮らす住宅。

敷地は目黒区の閑静な住宅街にあり、東側に接道する立地条件。

(夫婦+子+祖母)の3世代の家族が暮らす住宅。

1期工事(2013年竣工[モトマツアトリエ設計])では南北に細長い2つの箱を東側と西側に寄せ、その隙間を中庭で取り囲む配置であり、この2つの箱は2Fの屋外テラスのみで繋がれている構成であった。

クライアントのライフスタイルが変わったことにより、2期工事では新たに境界の定義を検討し、既存建物を活かしながら手を加えることとなった。

計画は「コ」の字型となる様に 中庭の一部に新しい室内の共有スペースを、屋外にも共有スペースを増築し、互いの棟を各階で「室内」を通じても行き交うことができる様にした。両方の棟間で立面的に回遊性を持つ動線としたことで、複雑な空間構成を内包する1つの箱となった。

今回の計画によって、各々の距離感を保ちながらも今のライフスタイルに適応した3世代の新たな住空間が出来上がった。

■建築概要
用途:専用住宅
家族構成:夫婦+子供+祖母 4人
工法:木造軸組工法
基礎:ベタ基礎
階数:地上2階
所在地:東京都目黒区碑文谷
設計:モトマツアトリエ
担当:元松 直治
構造設計:小山直丈構造設計事務所
施工:(有)ワシン建築事務所
撮影:鳥村鋼一

 

■経歴

元松 直治(Naoharu Motomatsu)

建築家

1971
東京都生まれ
 
大阪芸術大学環境デザイン学科卒業
足立職業訓練校木工科修了
BAU HAUS University 交換留学
早稲田大学大学院修了
2003
早稲田大学建築学科 入江研究室助手
2006
モトマツアトリエ設立

 

モトマツアトリエ
https://motomatsu-atelier.com/
〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町2-33