モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて
概要

モンドリアン(1872-1944)生誕150年を記念して、オランダのデン・ハーグ美術館所蔵のモンドリアン作品50点、国内外美術館所蔵のモンドリアン作品と関連作家作品約20点を展示します。モンドリアン作品は、初期のハーグ派様式の風景画、象徴主義や神智学に傾倒した作品、キュビスムの影響を受けて独自展開した作品、晩年の水平垂直線と原色平面の「コンポジション」まで多岐にわたります。モンドリアンが主張した理念「新造形主義」に基づき、ドゥースブルフなどの画家、建築家と共に1917年に「デ・ステイル」が結成され雑誌が創刊されました。モンドリアンの絵画構成は、デザイン領域まで影響を与えています。「デ・ステイル」のプロダクトデザインを合わせて紹介し、モンドリアン芸術の広がりを再検証します。日本で23年ぶりの待望の「モンドリアン展」です。

会期

2021年3月23日(火)〜 6月6日(日)
10:00〜18:00(※入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日、展示替期間、年末年始(※ただし5月3日は開館)

場所

SOMPO美術館
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1

アクセス

https://www.sompo-museum.org/information/visit/#anc02

観覧料

※日時指定入場制
【オンラインチケット】
 一般 :1,500円
 大学生:1,100円
 小中高校生:無料
 障がい者手帳をお持ちの方:無料
【当日窓口チケット】
 一般 :1,700円
 大学生:1,300円
 小中高校生:無料
 障がい者手帳をお持ちの方:無料

主催

SOMPO美術館

詳細・問合せ

https://www.sompo-museum.org/exhibitions/2020/mondrian/