〈ホモ・ファーベル:ヨーロッパと日本の人間国宝たち〉展
概要

ヨーロッパと日本の人間国宝

ホモ・ファーベル ではヨーロッパと日本の人間国宝に光を当て、デザイン、建築、キュレーションの各分野の第一人者からなる世界一流のチームが厳選した熟練職人とその見事な作品を17の展示で紹介します。ヨーロッパと日本の巨匠たちの技能を称え、現代に伝統を伝える希少な職人技をデザインの世界に結び付ける国際的な文化イベントです。日本とヨーロッパの熟練職人が作業を実演する様子を観察し、舞台裏に目を向けることで高度な職人技の背後にある独自の創作工程を目の当たりにし、新しい革新的なアプローチにひたり、専門家の意見から刺激を受けることができます。

当初2020年に開催を予定していた本展ですが、特別招待としてベタンクール・シュエレール財団の企画展「フランスと日本の職人が出会うとき/ヴィラ九条山、セーブル製陶所におけるベタンクール・シュエレール財団の取り組み」を新たに加え、内容をさらに強化。各国の著名なキュレーター、デザイナー、建築家とともに、ヨーロッパと日本の卓越した職人の絶技を紹介。日本からはデザイナーの深澤直人、MOA美術館・箱根美術館 館長の内田篤呉、写真家の川内倫子らが名を連ねます。

会場内では、来場者および展示関係者の健康を第一に考え、ソーシャル・ディスタンスほか、安心な環境を保持した運営を心がけます。

展覧会名

HOMO FABER EVENT Crafting a more human future

会期

2021年9月9日(木)〜9月26日(日)

会場

フォンダチオーネ・ジョルジョ・チーニ
(ヴェネチア、サン・ジョルジョ・マッジョーレ島)

前売り券

前売り券の販売は、2021年3月からHOMO FABER EVENTウェブサイトで開始予定。

オーガナイザー

ミケランジェロ財団

問合せ

Email:info@michelangelofoundation.org

詳細

https://www.homofaberevent.com/japan