第十回 座る・くらべる 一脚展 +(プラス) 2020
10回目の一脚展 ~木が椅子になる~
概要

「一脚展」は兵庫県内で活動する家具作家達が、毎年新作の椅子「一脚」を発表し、ご来場者の方々にもそれらの作品を実際に座りくらべ、体感していただける展覧会として開催されてきました。今回は素材としての「木」が「椅子」として生まれ変わるまでの工程や、組立後は見ることができない仕口等も映像などでご紹介。さらに特別企画として、過去9 回に実施されたアンケートを参考にセレクトされた、これまでの人気作も並びます。様々な樹種の木の香りと、個性的な椅子たちで溢れる空間をぜひお楽しみください。
※新型コロナウイルス感染症の状況により、椅子への試座ができない場合があります。

会期

2020年9月8日(火)~9月22日(火・祝)

会場

竹中大工道具館1Fホール
(兵庫県神戸市中央区熊内町7丁目5−1)

開催時間

※現在、開館時間を変更しています。
<午前> 9:30~12:00(入館は11:30まで)
<午後>13:00~16:00(入館は15:30まで)

休館日

月曜日(祝日の場合は翌日)

入館料

無料(常設展見学は別途入館料が必要)

主催

一脚展実行委員会、竹中大工道具館

新作椅子
出展者リスト

井上忠良(interior works PLUS PLUS)
岡田 敦(岡田家具創造堂)
岡田光司(isDesign)
北島庸行(atelier KIKA)
後藤雅宏(後藤雅宏工房)
関野央也(Hiroya Sekino)
中野 潤(JunWoodworkingLab)
中山和紀(ナカヤマモッコー)
馬場田研吾(BABATA WOOD DESIGN)
村上剛・順子(MURACO)
安森弘昌(神戸芸術工科大学准教授)

(五十音順・敬称略)

出展協力

會田竜也(木の仕事)
伊藤真一朗(loca products)
上山隆久(上山木工所)
岡田貴幸(wood + iron works 2ほんの木)
柏原邦秀(L・MORE)
木村洋章(soushinan)
児玉正和(谺工房)
佐々木拓也(NaLgreen)
桧皮奉庸(桧皮椅子店)
藤本幸吉(大阪芸術大学デザイン学科 非常勤嘱託)
迎山直樹(Tenon) ※9/12(土)関連イベント「ドローナイフで樹を削る」講師

(五十音順・敬称略)

関連イベント

<ドローナイフで樹を削る>
日時:2020年9月12日(土) ①9:40~10:40、②10:50~11:50、③13:40~14:40
講師: 一脚展出展メンバー
会場:地下2階木工室
参加費:500円(保護者の方は別途入館料が必要)
定員:各回とも小学生5名 ※保護者(1名)要同伴(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
申込締切:8月28日(金)必着

詳細・問合せ

https://www.dougukan.jp/special_exhibition/ikkyakuten_2020