鉄道芸術祭 vol.10「GDP (Gonzo dot party)」
概要

「鉄道芸術祭」とは

“鉄道” には、車両や沿線図、列車が走る線路や駅舎・ホームなど、先進的な技術や魅力とともに、そこにまつわる文化や歴史があります。駅のコンコースにあるアートエリア B1では、その創造性に着目した事業「鉄道芸術祭」を 2010年より毎年開催しています。 本芸術祭では、鉄道という歴史や文脈を踏まえ、駅コンコースに位置する当館の場所性を活かした独創的な企画を実施します。芸術の新たな可能性を示唆すると共に、様々な人々に先駆的な表現世界に触れる機会を提案し、新たな観客創造にも寄与することを狙いとしています。

本企画のみどころ

その1 大阪を拠点に活躍する 2組のユニットによる初の本格的な共同企画
その2 喫緊の社会課題「経済」を独自の視点で捉え直す、鉄道芸術祭初の2ヶ年プロジェクト
その3 実空間とオンライン空間が併走し、変化し続ける展覧会

会期

2020年10月18日(日)~12月27日(日)
休館日 : 月曜日(祝日の場合は翌日)
開館時間 : 12:00~19:00

※オンライン観覧もあります
会期:展覧会開催中の休館日等を除く 24時間/視聴無料
視聴方法:アートエリア B1 ウェブサイト(http://artarea-b1.jp/)よりライブ配信
※施設管理上の夜間停電時等には、配信が一時中断する場合があります。

会場

アートエリア B1(大阪市北区中之島 1-1-1 京阪電車なにわ橋駅地下1階)

メインアーティスト
(共同企画者)

contact Gonzo(アーティストユニット)
dot architects(建築家ユニット)

関連情報

【プレイベント】オンライントーク「企画オープンミーティング」
日時:9月29日(火)19:30~21:00
開催方法:Facebook ライブにて開催します【視聴無料/申込不要】
ゲスト:contact Gonzo(アーティストユニット)、dot architects(建築家ユニット)
カフェマスター:文、木ノ下智恵子、久保田テツ(アートエリア B1 運営委員)

主催

アートエリア B1【大阪大学 + NPO 法人ダンスボックス + 京阪ホールディングス(株)】

企画制作

大阪大学共創機構社学共創部門/NPO 法人ダンスボックス/京阪ホールディングス(株)経営統括室事業推進担当

協力

京阪電気鉄道株式会社

助成

大阪市、芸術文化振興基金、公益財団法人 朝日新聞文化財団

問合せ・詳細

http://artarea-b1.jp/event/tetsugei/