『そこ』で考えた建築|gallery IHA 2020 online lecture 02(2020/07/17~|オンライン)
企画趣旨

非・東京で、新しい建築の芽が育っているようです。地域性を大事にしたもの、地域社会との関係をテーマにしたもの、その場のコンテクストを重視したもの、自然環境を豊かに取り入れ、生活と身体を開放するような軽やかさをもったプロジェクトが次々とつくられてきています。その環境、その地域、その場所、「そこ」で考えたプロジェクトの魅力を探ります。(長谷川逸子、produce & curation)

日時・登壇者
(敬称略)

配信予定(毎週・金、19:30〜21:00)

第1回
2020年7月17日(金)
飯田善彦「半居」(滋賀県)
第2回
2020年7月24日(金)
キノシタヒロシ「小さな図書館のある家」(鳥取県)
第3回
2020年7月31日(金)
studio velocity 「生垣の中の家」(愛知県)
第4回
2020年8月7日(金)
木村松本「house A」(大阪府)
問合せ

gallery IHA 1F Lecture room(東京都文京区湯島1-9-7)

参加費

各回1000円
※NPO建築とアートの道場2020年度会員の方は、2020年度分の企画に優先参加&無料参加可能です。どうぞ会員への加入をご検討ください。

定員

50名

主催

gallery IHA

詳細・問合せ

https://galleryiha.wixsite.com/galleryiha/event-46