東京ビエンナーレ2020/2021 見なれぬ景色へー純粋×切実×逸脱
概要

<開催延期のお知らせ>
この夏、国際芸術祭「東京ビエンナーレ2020 見なれぬ景色へ —純粋×切実×逸脱— 」の開催を予定しておりましたが、新型コロナウィルスの状況や海外からの来日作家の状況を鑑み会期を変更することになりました。名称を「東京ビエンナーレ2020/2021」と改め、コア期間を2021年夏に延期し、2020年はプレ期間としていくつかのプロジェクトを実施いたします。
来年のコア期間までの間につきましては、出品作家へのインタビューや各プロジェクトの進捗、詳細について紹介するメディア「東京ビエンナーレnote」を立ち上げ、継続して東京ビエンナーレを広く紹介していきます。
約1年後の開催となりますが、オリンピック・パラリンピックの延期、新型コロナウィルスによる感染拡大の影響を経た東京で最初に開催する大型国際展となる「東京ビエンナーレ2020/2021」に引き続きご注目ください。
今後の⽇程、会場などの詳細については公式ウェブサイトにて随時お知らせいたします。

東京ビエンナーレとは、“東京”のまちを舞台に“2年に1度”開催する国際芸術祭。世界中から幅広いジャンルの作家やクリエイターが東京のまちに集結し、まちに深く入り込み、地域住民の方々と一緒に作り上げていく新しいタイプの芸術祭です。

東京ビエンナーレが目指す活動は、様々な「私」が出会い、「私たち」で共有する事象です。この地域に昔から暮らす住民と、日本各地、世界各地から集まってきた新しい人々。様々な人々が暮らし、働き、遊ぶ国際都市東京で、アートは多様な出自をもつ人々をつなぎ、このまちの歴史を顕在化し、未来を描き出すことで、「私たち」を出現させ、また新たな「私」を発見します。「アート×コミュニティ×産業」をキーワードに、地域の人々とともに、「HISTORY & FUTURE」「EDUCATION」「WELL-BEING」「RESILIENCY」を活動コンセプトとして、私たちの文化を、私たちの場所でつくっていくこと。東京ビエンナーレは「私たち」がつくる新しい都市と文化の祝祭となります。

会期

<下記に変更となりました>
▪️プレ期間 2020年6月〜2021年6月
▪️コア期間 2021年7月〜9月
※変更になる可能性がございます。

会場

東京都心北東エリア
※変更になる可能性がございます。

プロジェクト概要

東京ビエンナーレでは、地域に深く入り込み継続的に関わっていく試みとして、以下の3つ+αのプロジェクトを遂行します。アート、建築、デザイン、ファッション、食、テクノロジーなど、幅広いジャンルを超領域横断的に展開。鑑賞型の作品、観客が参加するインスタレーション、トークやイベントなど、あらゆる感覚を刺激する体験を提供します。

A.東京ビエンナーレアートプロジェクト
東京ビエンナーレの趣旨に賛同し、各業界を牽引する作家やクリエイターが企画/推進するアートプロジェクト群です。

B.東京ビエンナーレ公募アートプロジェクトソーシャルダイブ
「東京にダイブし社会と深く交わること」をミッションに、時代を鋭く読み取り、新しい価値を見出すアーティストを募集。国内公募ではプロジェクトディレクターに楠見清を招き企画/推進。国外公募ではOPEN CALLにより世界中からレジデンス作家を募集。公募によるアートプロジェクト群です。

C.ソーシャルプロジェクト
「災害対応力向上プロジェクト」「国際的批評空間創出プロジェクト」「学環創出プロジェクト」「学校活用プロジェクト」「デザインプロジェクト」があり、東京ビエンナーレを通じてアートを介入させながら、継続的にコミュニティと関わり、人材育成プログラムとしても機能するプロジェクトとなります。

テーマ

⾒なれぬ景⾊へ ―純粋×切実×逸脱―

総合ディレクター

中村政人、小池一子

チケット料金

チケット情報の発表は2020年5月ごろを予定

主催

一般社団法人東京ビエンナーレ

詳細・問合せ

https://tb2020.jp/about/

後援

千代田区、文京区、一般社団法人千代田区観光協会