古典×現代2020 — 時空を超える日本のアート
概要

<会期が変更されました>

故きをたずね、新しきを知る。 東京が国際的に注目される2020年。現代美術といにしえの美術を組み合わせ、日本のアートの魅力を新たな視点で見つめ直します。江戸時代以前の名品と、8人の現代作家たちの作品をペアにしてご紹介する本展では、主題や造形の類似はもちろん先達から得た着想や、誰もが知る名品とそのパロディ、古典作品を取り込んだインスタレーションなど時空を超えたアートの対話が繰り広げられます。出品総点数は古典と現代あわせて約200点。古今の美術をつなぐ豊かな水脈をご覧ください。

会期

<下記に変更となりました>
2020年6月24日(水)~ 8月24日(月)
※毎週火曜日休館

開館時間

10:00~18:00
※毎週金・土曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで

会場

国立新美術館 企画展示室2E
(〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2)

アクセス

東京メトロ千代田線乃木坂駅 青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線六本木駅 7出口から徒歩約4分
※美術館に駐車場はございません

観覧料(税込)

当日:1,700円(一般)、1,100円(大学生)、700円(高校生)
前売/団体:1,500円(一般)、900円(大学生)、500円(高校生)
※中学生以下は入場無料。
※障害者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は入場無料
※3月20日(金・祝)~22日(日)は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)
※チケットの詳しい情報は、下記ホームページのチケット情報をご覧ください

主催

国立新美術館、國華社、朝日新聞社、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会

問合せ

ハローダイヤル:03-5777-8600

詳細

https://kotengendai.exhibit.jp