実務から考える中大規模木造セミナー『木造の設計プロセス』
概要

急増する中大規模木造建築は、数ある構法の中でなぜ木造を選択したのか、そこにどのようなプロセスが現場にあったのか。
そして、どのような結果をもたらしたのか。
木造設計に豊富な実績を持つゲストを交え、実務という視点から今後の中大規模木造について、具体的に考えるセミナー。

日時

東京会場:2020年2月25日(火)13:30~17:00
大阪会場:2020年3月16日(月)13:30~17:00

会場

東京会場:AP新橋(東京都港区新橋1‐12ー9 A-PLACE新橋駅前)
大阪会場:TKPガーデンシティPREMIUM大阪駅前(大阪府大阪市北区曾根崎新地2-3-21 axビル 4F)

CPD

3単位(予定)

プログラム
(敬称略)
13:30~14:30
基調講演「新しい木がつくる新しい空間」
原田真宏(マウントフジアーキテクツスタジオ)
14:30~15:15
実務講演「中大規模木造の設計プロセス」
福田浩史(エヌ・シー・エヌ)
15:30~17:00
パネルディスカッション「木造建築を当り前にするには」
パネラー 
原田真宏(マウントフジアーキテクツスタジオ)
金田充弘(Arup)
天木順彦(三橋設計)
福田浩史(エヌ・シー・エヌ)

進  行 
小原 隆(日経BP 総合研究所)

申込方法

下記ホームページからお申し込みください。
※お申込み受付は1月10日から開始となります。

主催

日経BP総合研究所

協賛

株式会社エヌ・シー・エヌ

協力

日経アーキテクチュア

詳細

https://special.nikkeibp.co.jp/atclh/NXT/20/ncn_se0110/