記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ
概要

イタリア現代陶芸を代表する作家であるニーノ・カルーソ(1928–2017)は、神話性、象徴性を制作におけるテーマの一つとしています。初期は、それらを自己の故郷の記憶と結びつけた装飾的な器物を制作していましたが、次第に古代ローマの遺跡等を思わせる壁面や柱、門などの形態制作を通じて、古代と現代を結ぶ空間の構築へと向かいました。こうしたカルーソの表現は、日本を含め世界中で高い評価を得ています。
本展は、ニーノ・カルーソの偉業を約90点の代表作ならびに数々のデザインワークやスケッチなどの資料を通じて紹介する、日本で初めての本格的な回顧展です。

会期

2020年1月4日(土)~2月16日(日)

開館時間

午前9時30分~午後5時
ただし金曜日、土曜日は午後8時まで開館
*入館は閉館の30分前まで

会場

京都国立近代美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町26-1)

アクセス

http://www.momak.go.jp/Japanese/access.html

休館日

毎週月曜日、1月14日(火)
※ただし1月13日(月・祝)は開館

観覧料

一 般:1,000
大学生:500

関連イベント

講演会「父 ニーノ・カルーソ」
日時:1月11日(土)午後2時~3時30分
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
講師:アンドレア・カルーソ(彫刻家)
定員:先着100名(当日午前11時より1階受付にて整理券を配布します。
   整理券はひとり1枚のみお渡しします)
参加費:無料(ただし本展観覧券が必要)
*通訳付き

ギャラリートーク
日時: 1月24日(金)、2月7日(金)各日午後6時~7時
会場:京都国立近代美術館 3階企画展示室
定員:各日先着20名
参加費:無料(ただし本展観覧券が必要)

主催

京都国立近代美術館

詳細

http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2019/435.html