JCD連続デザインシンポジウム SECTION61「内田繁のデザインを考える」
概要

SECTIONとは1993年に開始された空間デザインをめぐるシンポジウムです。
国内外の多くのデザイナーが参加し、時代と共に変化する空間のありようについて語ってきました。

61回目のSECTIONは「内田繁のデザインを考える」をテーマに行います。 内田繁氏没後3年の今、日本のインテリアデザインのアーカイブとして氏のデザインを再考し、次代の世代に引き継ぐことを目的として、いくつかの視点からシンポジウムを開催します。

●68年以後のデザイン(関係の先行性を標榜した頃)/初期
●アルド・ロッシとの協働の頃/中期
●色と装飾への関心/後期

以上の視点から内田繁が残したデザイン思考を改めて捉え、若手世代に引き継ぐことを目的とします。

パネリスト

五十嵐太郎氏 長谷部匡氏 飯島直樹氏

日時

2019年11月15日(金)18:30〜

場所

東京デザインセンターB2F ガレリアホール
(東京都品川区東五反田5-25-19)

アクセス

https://www.design-center.co.jp/about_tdc/access/

定員

250名/事前登録必要 定員になり次第、締切りとなります。

参加費

無料

申込方法

下記ホームページからお申し込みください。

主催

一般社団法人 日本商環境デザイン協会

協力

東京デザインセンター

詳細

https://www.design-center.co.jp/seminar/jcd_section61/