青木野枝 霧と鉄と山と
概要

彫刻家・青木野枝は、大気や水蒸気をモティーフに、万物がうつろいゆくなかの生命の尊さをあらわしてきました。その彫刻は、鉄や石膏という固く重い素材を用いながら、周囲の空気をまとって、とても軽やかに見えます。
作品のほとんどが展示場所に合わせて作られ、展示が終わると解体されます。青木は、つくって、置き、崩す、を繰り返し、その営みのなかに自らの彫刻があると考え、実践しているのです。
近年は第40回中原悌二郎賞(2017年)を女性として初めて受賞し、また全国各地で個展を精力的に行っています。動き続ける青木野枝の彫刻の今を、どうぞ体感してください。

会期

2019年12月14日(土)から2020年3月1日(日)

会場

府中市美術館(東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内))

アクセス

http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/access.html

休館日

月曜日(1月13日、2月24日をのぞく)、12月29日(日)から1月3日(金)、
1月14日(火)、2月12日(水)、2月25日(火)

開館時間

午前10時から午後5時まで(入場は午後4半まで)

観覧料

一般700円、大学生・高校生350円、中学生・小学生150円

関連イベント

■アーティスト・トーク  
日時:12月14日(土)、2月15日(土)午後3時から 
場所:企画展示室 予約不要
注記:企画展観覧料が必要です

■鼎談「小さな同期会 大学時代の想い出話とこれからのことなど」 
登壇者:青木野枝・安藤雅信(陶作家・現代美術作家・百草廊主)・伊藤誠(彫刻家)
日時:1月11日(土)午後2時から
場所:講座室 無料 予約不要

■座談会「彫刻という幸いについて」
登壇者:青木野枝・池内晶子(美術家)・小田原のどか(彫刻家・彫刻研究)・利部志穂(美術家)・窪田美樹(彫刻家)
日時:2月23日(日)午後2時から
場所:講座室 無料 予約不要

■担当学芸員によるスライドトーク
日時:12月21日(日)、2月9日(土)午後2時から2時30分まで 
場所:講座室 無料 予約不要

■さわって、感じる彫刻ツアー
日時:子ども編 1月26日(日)/大人編 2月29日(土)午前11時から正午まで 
場所:企画展示室ほか 予約不要
注記:企画展観覧料が必要です

主催

府中市美術館

詳細

http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/kikakuten/kikakuitiran/noeaoki_kiritotetsutoyamato.html