京都工芸繊維大学大学院建築都市保存再生学コース2019
第1回 保存再生学シンポジウム
概要

京都工芸繊維大学大学院の特別教育コースである建築都市保存再生学コースは5年目に入った。今年度は、昨今の文化財保護法の大改正を踏まえ、歴史的建築物の保存活用を担う人材と組織について考えたい。
従来、歴史的建築物は、国や自治体が制定する文化財に指定し「保存」することが最良の残し方であるかのように考えられてきた。しかし、1996年に国の登録文化財制度が登場して以来「活用」が新たな課題となり、2019年4月の改正文化財保護法の施行により、「活用」がより重視されるような制度に大きく変わった。それにともない、歴史的建築物の保存活用に際して専門家や専門組織が、所有者らに対して助言し、保存活用計画を立てることができるようになった。
そんな中で問題となるのが、歴史的建築物の保存活用を担う人材や組織のあり方であろう。従来の文化財の「保存」のように、行政と学識経験者らが建物の歴史的・文化的価値を位置づけるだけでは不十分で、さまざまな経験や知識を基に、所有者に対して有効な保存活用のあり方を提言し、実践的にリードできる人材や組織の役割が重要になる。
近年、ヘリテージマネージャーが全国規模で育成され、またさまざまな組織が設立され、歴史的建築物の保存活用に向けて重要な役割を担いつつあり、実績や成果も増えている。しかし長期的な視野に立ち、自治体や所有者らとともに文化遺産を活用していくには、未知の部分や課題も多い。
今回のシンポジウムでは、歴史的建築物のマネージメントを実践している方や組織の代表者をお招きし、これまでの成果と今後の課題についてお話しいただく。歴史的建築物のよりよい保存活用に向けて、知見を共有したい。

日時

2019年8月4日(日)13:30~

会場

京都工芸繊維大学 60周年記念館 1階 記念ホール
(京都市左京区松ヶ崎橋上町1)

アクセス

https://www.kit.ac.jp/uni_index/matsugasaki/

定員

170名

入場料

無料(申込不要、当日先着順)

登壇者
(敬称略)

<講師>
梅津章子(文化庁文化資源活用課文化財調査官)
笠原啓史(建築家・認定NPO法人古材文化の会理事)
金山眞人(建築家・東京ヘリテージマネージャーの会代表・(一社)東京建築士会ヘリテージマネージャー養成講座検討特別委員会委員)

<司会・進行>
田原幸夫(京都工芸繊維大学客員教授)
笠原一人(京都工芸繊維大学助教)

プログラム
13:30
趣旨説明 笠原一人
13:50
講演1.梅津章子「歴史的建造物の保存活用に期待される民間の役割-改正文化財保護法-」
14:35
講演2.笠原啓史「大切にしたい建物を未来につなぐ-所有者に寄り添う”見守るネット”の活動から-」
15:20
休憩
15:30
講演3.金山眞人「東京ヘリテージマネージャー始動-その意義と課題-」
16:15
座談会 梅津章子+笠原啓史+金山眞人+田原幸夫+笠原一人
18:00
講師・参加者による懇親会 @プラザKIT(会費制)
主催

京都工芸繊維大学大学院建築学専攻、KYOTO Design Lab

問合せ

国立大学法人 京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab 事務局
Mail:info@d-lab.kit.ac.jp Tel:075-724-7283

詳細

https://www.d-lab.kit.ac.jp/events/2019/hozon-19-1/