チェコ・デザイン 100年の旅
概要

チェコ国立プラハ工芸美術館の企画により、同館の所蔵作品を中心に、19世紀末から現代までのチェコのデザインを紹介します。
この約100年間のチェコでは、アール・ヌーヴォーの旗手として知られる画家アルフォンス・ミュシャをはじめ、キュビスムの影響を受けた建築、チャペック兄弟の絵本、そして世界で愛されるアニメーションなど、社会主義の時代にも、その優美なデザインは独自の道を拓いていきました。ボヘミアン・グラスなどチェコ独自の産業や民族的な造形と、同時代の芸術表現が融合した独自のデザインの世界は、現代でも多くの人々を魅了し続けています。家具、食器、ポスター、おもちゃ、書籍などの約250点を通して辿るチェコ・デザインの世界を、小さな旅のように楽しんでいただきます。
また富山県美術館では、本展の併設特別展示として、株式会社インテックのご協力により、同社所蔵の世紀末のチェコを代表する画家アルフォンス・ミュシャの作品約20点を紹介します。

会期

2019年6月1日(土)~7月28日(日)

開館時間

9:30~18:00(入館は17:30まで)

会場

富山県美術館(富山県富山市木場町3-20)

アクセス

https://tad-toyama.jp/visitor/access

休館日

水曜日、7月16日(火)

観覧料

一般:900円、大学生:450円

主催

富山県美術館、チェコ国立プラハ工芸美術館、北日本新聞社、北日本放送

特別協力

株式会社インテック

詳細

https://tad-toyama.jp/exhibition-event/7639