NPO建築とアートの道場 2019年春レクチャーシリーズ
『これからの建築を考える ―表現者と建築家による対話実験』
概要

これからの建築を考えてみたいと思います
確固たるビジョンがあるわけではありません
ただ葛藤や矛盾はみな感じていると思います
困難な21世紀を人間らしく生きていくためにはどうしたら良いのでしょうか?
信頼できる表現者、実践者、建築家との対話から道を探っていきたいと思います。(藤原徹平)

日時・登壇者
(敬称略)
第1回
2019年4月27日(土)18:00~20:00
平田オリザ(劇作家、演出家)×佐藤研吾(北千十BUoy建築家)
「これからの広場を考える」
第2回
2019年5月11日(土)18:00~20:00
岡啓輔(蟻鱒鳶ル)× 武田清明(建築家)
「風土的野生をつかまえる」
第3回
2019年5月18日(土)13:00~15:00
蓮沼執太(音楽家)×403architecture [dajiba](建築設計集団)
「部分か全体か」
第4回
2019年5月25日(土)15:00~17:00
水野大二郎(研究者)×岡田利規(演劇作家、小説家、チェルフィッチュ主宰)
「View from EAST」
第5回
2019年6月1日(土)18:00~20:00
藤原徹平(建築家)×〇〇
「これからの建築を考える」
会場

gallery IHA Lecture room(1F)
(東京都文京区湯島1-9-7)

アクセス

https://galleryiha.wixsite.com/galleryiha/access

参加費

各回1,500円(全回予約制)

申込方法

下記ホームページの予約フォームよりお申し込みください。

関連情報

展覧会「これからの建築を考えるための覚書」
会期:2019年4月27日~6月1日

詳細

https://galleryiha.wixsite.com/galleryiha/ivent-33