感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて
概要

21世紀も2020年代が近づき、AI、生命科学、宇宙といった新たなイノベーションが進行し人類のサステナビリティ(持続可能性)について従来の解釈を超えた新たな展開が求められる時代となった。建築においても人間とサステナビリティとの関係は重要な要素となりつつある。そこで建築の異分野の拡張と交流を促すことにより建築の新たな可能性を探ってみたい。

日時

2019年5月7日(火)16:00~19:30

会場

建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)

アクセス

http://www.aij.or.jp/jpn/guide/map.htm

プログラム
  1. はじめに
    堀越 英嗣(芝浦工業大学教授)
  2. 講演+対談
    ①Environment/環境× 身体
    パネリスト:割澤 伸一(東京大学大学院新領域創成科学研究科人間環境学専攻教授)
          西野 淳(ダイキン工業(株)テクノロジー・イノベーションセンター)
    モデレーター:秋元 孝之(芝浦工業大学教授)
    ②Structure/数理×技巧
    パネリスト:藤井 由理(早稲田大学准教授)
          藤田 靖人((株)ハートランドエンジニアリング代表取締役社長)
    モデレーター:佐藤 淳(東京大学准教授、(株)佐藤淳構造設計事務所主宰)
    ③Design/歴史× インテリアデザイン
    パネリスト:加藤 耕一(東京大学教授)
          飯島 直樹(インテリアデザイナー、元工学院大学教授)
    モデレーター:萩原 剛(早稲田大学芸術学校教授)
  3. パネルディスカッション
    司会:篠原 聡子(日本女子大学教授)
  4. まとめ
    古谷 誠章(日本建築学会会長、早稲田大学教授)
参加費

会員2,000円、会員外3,000円、学生1,000円

定員

200名(申込先着順)

申込方法

下記ホームページからお申し込みください。
https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=616268

主催

建築における異分野間のさらなる交流・連携・協働を推進するタスクフォース

問合せ

日本建築学会事務局 小野寺
E-mail:onodera@aij.or.jp TEL:03-3456-2051

詳細PDF

http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2019/ibunya19.pdf