MADE IN KYOTO Design Lab
隠れた都市の姿──文脈と創造を架橋する映像
概要

KYOTO Design Lab[D-lab]は、下記の日程で、ともに ETH Zürich 教授であるスイスの建築家ユニット Made in Sàrl(パトリック・ヘイツ+フランソワ・シャルボネ)とおこなってきた共同ワークショップの成果展「隠れた都市の姿──文脈と創造を架橋する映像」を開催いたします。

会期

2019年2月22日(金)~5月12日(日)

会場

KYOTO Design Lab 東京ギャラリー
(東京都千代田区外神田6丁目11-14 アーツ千代田3331 203号室)

アクセス

https://www.3331.jp/access/

開廊

12:00~19:00

閉廊

月・火

入場料

無料

関連イベント

ワークショップリーダー
パトリック・ヘイツ+フランソワ・シャルボネ(Made in Sàrl、ETH Zürich 教授)

ギャラリートーク1「方法論としての見立て・映像・建築」
登壇者:中山英之(建築家/東京藝術大学 准教授)
    赤松加寿江(京都工芸繊維大学 講師)
進行:岡田栄造(京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab ラボラトリー⻑)
日時:2019年3月9日(土)17:00~19:00
会場:KYOTO Design Lab 東京ギャラリー

ギャラリートーク2「ノーテーションの射程」
登壇者:冨永美保+伊藤孝仁(建築家/tomito architecture)
    中村健太郎(プログラマー、建築理論家/NPO法人モクチン企画理事、東京大学学術支援専門職員、
    なかむらけんたろう事務所主宰)
進行:池側隆之(京都工芸繊維大学 教授)
日時:2019 年4月6日(土)15:00~17:00
会場:KYOTO Design Lab 東京ギャラリー

主催

京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab

詳細

https://www.d-lab.kit.ac.jp/events/2019/made-in/