広島市現代美術館 開館30周年記念特別展「美術館の七燈」
概要

広島市現代美術館は1989年、公立館としては国内初の現代美術を専門とする美術館としてオープンしました。その30周年を記念し、活動の軌跡および、その基盤となった美術館建築を中心に紹介する本展では、これまでに当館が収集してきたコレクション、および活動を物語る資料を中心に、一部の参加作家による新作等を加え、全館を用いた展示を行います。観客、建築、場所、保存、歴史、逸脱、あいだ、といったキーワードを通して、その歩みを振り返るとともに、美術館の果たすべき役割、そして活動を支える諸要素を改めて捉えなおします。

会期

2019年3月9日(土)~5月26日(日)

会場

広島市現代美術館(広島県広島市南区比治山公園1-1)

アクセス

https://www.hiroshima-moca.jp/access/

休館日

月曜日
ただし、4月29日(月・祝)5月6日(月・休)は開館、5月7日(火)は休館。

開館時間

10:00~17:00(入場は閉館の30分前まで)

観覧料

一般1200円、大学生900円、高校生・65歳以上600円、中学生以下無料

関連プログラム

アーティスト・トーク
日時:2019年3月9日(土)14:00~15:30
講師(予定):有川滋男、飯川雄大、北山善夫、谷田真、田村友一郎、チームやめよう、又又(いずれも本展出品作家)

ワークショップ1「ビュートレス」
日時:2019年3月10日(日)10:30~12:30、13:45~16:30
講師:松田るみ(本展出品作家)

ワークショップ2「生と死を考える」※要事前申込
日時:2019年3月24日(日)10:30~16:00
講師:北山善夫(本展出品作家)

ワークショップ3「XXXではXXXを募集します」※要事前申込
日時:2019年4月20日(土)①10:30~12:30 ②14:00~16:00
講師:有川滋男(本展出品作家)

パフォーマンス「うたをください」
日時:2019年4月13日(土)11:00~
出演者:竹之下亮(本展出品作家)

学芸員によるギャラリートーク
日時:2019年3月16日(土)、4月27日(土)いずれも14:00~15:30

アートナビ・ツアー
日時:毎週土曜、日曜、祝日 各日11:00~、14:00~(トーク開催時は除く)

主催

広島市現代美術館、中国新聞社

詳細

https://www.hiroshima-moca.jp/30th_thesevenlamps/