アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
概要

本展はヴィトラ・デザイン・ミュージアムとアルヴァ・アアルト美術館の企画による国際巡回展で、ドイツを皮切りに、スペイン、デンマーク、フィンランド、フランスの各国で開催され、生誕120年を迎えた2018年、日本においては20年ぶりとなる個展が実現しました。アアルトの魅力の再発見の機会をどうぞお見逃しなく。

会期

2019年2月16日(土)~4月14日(日)

会場

東京ステーションギャラリー(東京都千代田区丸の内1-9-1)

アクセス

http://www.ejrcf.or.jp/gallery/access.html

休館日

月曜日(4月8日は開館)

開館時間

10:00~18:00
※金曜日は20:00まで開館
※入館は閉館の30分前まで

入館料

一般(当日)1,200円 高校・大学生(当日)1,000円
一般(前売)1,000円 高校・大学生(前売)800円
※中学生以下無料

展示内容
  • オリジナルドローイング[約50点]
  • 模型[約15点]
  • 家具・照明・ガラス製品などのプロダクト[約50点]
  • 壁面タイル・ドアノブ・家具などの部材サンプル[約30点]
  • 冊子・写真・映像等の資料[約80点]
  • ドイツの写真家アルミン・リンケによる撮り下ろし写真[約60点]

計約300点の作品を8つの章に分けて展示します。

主催

東京ステーションギャラリー[公益財団法人東日本鉄道文化財団]、読売新聞社、美術館連絡協議会

詳細

http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201902_aalto.html