Diploma×KYOTO'19「trans-」
概要

私たち京都建築学生之会は、建築を志す学生同志の交流と大学の枠を超えた活動を目的として1989年に発足し、これまでに計27回の合同卒業設計展を企画・運営して参りました。28回目となる今年度は17大学111名が参加しております。
卒業設計に対して思うことはみなそれぞれ違い、建築に対して考えることもまた、それぞれにあります。その異なる思いが同じ土俵でぶつかり合うのが卒業設計展であり、ここ近畿圏ではDiplomaxKYOTOです。
本会場には思考と行動を繰り返し、ひとりひとりが思い描いたストーリーが展示されています。それらには想像を超え、多分野にも通ずるものがあるのかもしれません。そして、批判を求め、議論を重ね、思いをぶつけ合うことで過去の自分を超えられるのではないでしょうか。
本会期3日間を通して私たち『Diploma×KYOTO’19』が作り出す世界観を存分に堪能して頂き、ご来場になられた方々には是非それを目の当たりにして頂けましたら幸いです。

(京都建築学生之会 代表 松本大地)

開催期間

2019年2月23日(土)〜 2019年2月25日(月)

会場

京都市勧業館みやこめっせ(京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1)

アクセス

https://www.miyakomesse.jp/access/

プログラム
DAY1
2月23日(土)10:00~18:00 Critique 13:15~
「trans STORY」
審査員:竹原義二、西沢立衛、前田啓介、田根剛、小室舞(順不同・敬称略)
DAY2
2月24日(日)10:00~18:00 Critique 13:15~
「trans FIELD」
審査員:門脇耕三、石川初、中谷礼仁、石川常、満田衛資(順不同・敬称略)
DAY3
2月25日(月)9:30~15:00 Critique All Time
「trans-」
講評者:参加者全員
詳細

https://diplomaxkyoto.jimdo.com/