CLTアイディアコンテスト2019 アイディア部門 結果発表
テーマ

変わる/変える(CHANGE)

概要

欧州で開発されたCLT(クロス・ラミネイテッド・ティンバー)は、これまで木材があまり使われてこなかった非住宅や中・大規模建築物を中心に利用がひろがっています。

CLTの活用は、木材が持つ断熱性・調湿性による建築物の省エネ・省CO2化など、人や環境にやさしい都市づくりの面でも効果が期待されています。5回目の開催となる今年は、CLTの様々な利用方法の可能性を見いだし、普及・促進の機会となるようCLTを使用した未来の風景を幅広い視点から2部門で募集。

審査委員
(敬称略)

浅井 愼平(写真家)
涌井 史郎(造園家)
新居 千秋(建築家)

主催

一般社団法人 日本CLT協会

詳細

https://www.clt-contest.jp/idea_result.html

最優秀賞 ※受賞者(所属)/作品名
山本 壮一郎/住吉 文登/篠原 健(日本大学大学院)
「RcCLT-老朽化した団地のコンクリートをCLTで補う-」
審査委員賞
﨑山 涼
「再編する縁」

ドゥンプッターン パッチャラポーン(佐賀大学大学院)
「Change Slum Change Community スラムのデザイン」

久世川水岸再生計畫
「呉 家宏(冨田構造設計事務所)」
特別賞
宮口 直大
「City-cycle Legacy by Timber.」