建築新人戦2021
概要

建築新人戦は、所属する教育機関(大学・短期大学・専門学校・高等専門学校)で取り組んだ設計課題作品を対象に実施するコンテストです。

一次審査を突破した100作品は、世界に誇る大阪の名建築《梅田スカイビル(設計:原広司)》にて展示され、二次審査・公開審査会において最優秀新人を決定します。大学の枠を超えて多様な建築の議論の場として、また今後活躍の期待されるゴールデンルーキー発掘の場であることも建築家教育の可能性をひらくものです。他校の学生との設計課題作品を介した交流を通じて、自らの構想や技量そして自身の所属する教育環境を問い直す場でもあります。Covid-19による世界的パンデミックが社会を根底から揺るがす今こそ、新しい想像力が必要です。これまでの常識を批判的に検証し、アップデートすること。地球と建築が人間によって豊かに循環する未来の姿を建築から考えて、表現して欲しい。混迷する社会の希望を示し、人と人が連帯しながら成熟する風通しのいい社会には、それぞれの自前の建築が求められています。社会を切り「ひらく」建築家を目指すべく、みんなの建築への情熱が躍動することを心より期待しています。

建築新人戦実行委員長 光嶋裕介(光嶋裕介建築設計事務所/神戸大学特命准教授)

スケジュール

【応募登録】  2021年6月1日(火) ~ 8月14日(日)
【作品郵送受付】2021年8月17日(火)・8月18日(水)※必着
【一次審査】  2021年8月20日(金)※応募作品の中から100作品を選出 

【二次審査・公開審査(決勝)・表彰式】
一次審査で選出された100作品の中から二次審査により8作品を選出し、その8作品の公開審査及びプレゼンテーションおよび表彰式を行う
会期:2021年9月19日(日)
会場:梅田スカイビル タワーウエスト3階 ステラホール

【展覧会】一次審査で選出された100作品を展示
会期:2021年9月18日(土)~ 9月20日(月)
会場:梅田スカイビル タワーウエスト3階 ステラホール

応募資格
  • 4年制大学・3年制専門学校 :3回生まで(3年次の前期までの課題作品)
  • 短期大学・2年制専門学校 :2回生まで(2年次の前期までの課題作品)
  • 短期大学専攻科:1回生まで(1年次の前期までの課題作品)
  • 高等専門学校:4・5回生(4年次から5年次の前期までの課題作品)

以上の全国の建築学生が対象。
※グループでの参加は不可。
※1人1作品まで。

最優秀新人賞1点 /優秀新人賞 3点/8選/16選

審査委員(敬称略)

<二次審査・公開審査 審査委員>

審査委員長
藤本 壮介(建築家/藤本壮介建築設計事務所代表)
審査委員
芦澤 竜一(建築家/滋賀県立大学教授)
藤野 高志(生物建築舎)
藤原 辰史(歴史学者/京都大学准教授)
山田 紗子​(建築家/山田紗子建築設計事務所)

<一次審査 審査委員>
芦澤 竜一(同上)
倉方 俊輔(建築史家/大阪市立大学准教授)
光嶋 裕介(光嶋裕介建築設計事務所/神戸大学特命准教授)
​小林 恵吾(設計事務所NoRA /早稲田大学准教授)
白須 寛規(design SU 代表 / 摂南大学理工学部建築学科講師)
福原 和則(大阪工業大学 ロボティクス&デザイン工学部 空間デザイン学科 教授)
堀口 徹 (近畿大学建築学部准教授)
前田 茂樹(建築家 ジオ-グラフィック・デザイン・ラボ(GGDL)代表)
山口 陽登(YAP 代表)

主催

建築新人戦2021実行委員会、総合資格学院

詳細・問合せ

https://www.kenchiku-shinjinsen.com/