第5回Woodyコンテスト(木造住宅・木製家具コンペ)
概要

木材利用の推進を図るためには、木材を暮らしの中で生かし利用していく「木の文化」の継承と、木材の新たな利活用方法を開拓し、木造建築や木製家具の設計製作に携わる建築士等の木材への関心を高めることが必要です。

京都府では、府内の森林資源として充実している京都府内産スギ、ヒノキの特性を生かした木造住宅や木製家具のアイディアを募集します。

募集期間

令和3年8月1日(日)~ 8月31日(火)

募集テーマ

1. 木造住宅部門
古民家をリノベーションして、ホームオフィスのある、環境に優しいエコな家

2. 木製家具部門
休息する「場」を創る椅子

応募資格

1. 木造住宅部門
【学生の部】国内で建築又はインテリアを学ぶ学生(専門学校生含む)
【一般の部】上記以外の国内に在住し、又は建築関係に勤務する設計者

2. 木製家具部門
国内で木製品及び家具のデザイン又は製作を学ぶ学生(専門学校生含む)
国内に在住し、又は勤務するデザイナー及び家具製作に従事する者

※両部門とも、個人・グループは問いません。

応募点数

1人又は1グループ1点のみ

審査員(敬称略)

横内 敏人(木造住宅部門審査員長、(有)横内敏人建築設計事務所代表、京都芸術大学大学院教授)
辻󠄀 村 久信(木製家具部門審査員長、(株)ムーンバランス代表、京都芸術大学教授)
宮﨑 真里子((株)宮崎代表取締役会長、宮崎木材工業(株)代表取締役社長)
森井 一彦(京都府森林組合連合会代表理事専務)
岩村 眞樹雄((一社)京都府建築士会副会長、(株)象彦設計代表取締役)
愛甲 政利((一社)京都府木材組合連合会専務理事)
臼木 隆志(京都府農林水産部林業振興課長)

最優秀賞(各1点) 賞状、賞金10万円
優秀賞 (各1点) 賞状、賞金3万円
佳作  (各5点) 賞状のみ
 

  • 製家具部門の最優秀賞受賞作品については主催者が製作し、イオンモール京都桂川に設置します。ただし、設置場所及び設置脚数は未定です。
  • 各賞の入賞点数を変更する場合や該当なしとする場合があります。
  • 入賞作品は、京都府内産木材等を使用する約500店の「緑の事業体」へ情報提供します。
結果発表及び表彰式

令和3年11月10日(水曜)までに、応募者全員に電子メールで審査結果を通知します。
また、表彰式は令和3年12月下旬に行う予定です。(受賞作品は会場に展示します。)

主催

京都府

問合せ

農林水産部森の保全推進課
京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
Tel:075-414-5005
Fax:075-414-5007
E-mail:morinohozen@pref.kyoto.lg.jp

詳細

http://www.pref.kyoto.jp/modelforest/news/woody5.html