第14回 長谷工住まいのデザインコンペティション 結果発表
概要

「第14回 長谷工 住まいのデザイン コンペティション」には,325点(応募登録731件)のご応募をいただきました。
去る1月19日に1次審査会が行われ,1次審査通過4点と佳作10点が決定いたしました。
2次審査会は2月21日(日)に東京プリンスホテルにて行われる予定でしたが,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を踏まえ開催方法を変更し,オンラインで行いました。
1次審査通過4組にプレゼンテーションを行っていただき,審査委員による質疑応答,審査を経て,最優秀賞1点,優秀賞3点を決定しました。

審査員

【審査委員長】
 隈研吾(東京大学特別教授 名誉教授)

【審査委員】
 乾久美子(乾久美子建築設計事務所代表・横浜国立大学大学院Y-GSA教授)
 藤本壮介(藤本壮介建築設計事務所代表)
 池上一夫(長谷工コーポレーション 代表取締役社長)

【ゲスト審査委員】
 山極壽一(京都大学総長)

主催

長谷工コーポレーション

詳細

https://japan-architect.co.jp/haseko/2020/result.html

■最優秀賞 (1点/賞金100万円) ※作品名/受賞者
ポケット×暮らし コミュニティを収納するかたち
小野誠治 齋藤惇(北海道大学)
■優秀賞 (3点/賞金各50万円)
家族のように暮らす 他人のように生きる
野村凜太郎(大分大学)

火を囲むくらし
神原夏穂 石家佳奈(立命館大学)

POROUS MULTI-STORY NAGAYA
三浦光雅(北海学園大学大学院)
■佳作 (10点/賞金各10万円)
呼吸する植物体 〜空間(うち)へ導く「木の子」〜
高橋侑里(大阪電気通信大学)

動く、生きる
王索奥(関西大学大学院)

“おと”の中にいきるすまい
野村奈央(早稲田大学大学院)

urban forest
伊藤冠介 (札幌市立大学)

強調あるいは協調するアニマル
伊藤健(東京藝術大学大学院)

くるまのくるまち
清亮太 片渕透子 星川大輝(日本大学)
髙橋朋 槌田美鈴(日本大学大学院)

Farmily
古屋敷璃里 白馬千聡(日本女子大学大学院)

拡張するベランダ生活 境界を包むテーブル
平岡和磨(京都工芸繊維大学大学院)
守本愛弓(京都工芸繊維大学)

例えば小さな大地で
西村楓 野末誠 大嶋夕輝(工学院大学)
除村高弘(工学院大学大学院)

水廻りのビオトープ
三枝理子(九州大学大学院)