令和2年度 京都景観賞 景観づくり活動部門
概要

京都市では、H24年度から毎年「京都景観賞」を開催していますが、今年度は「景観づくり活動部門」として実施いたします。
様々な活動やまちづくりの取組も一つの景観であると捉えてその取り組みを表彰するものです。
今年度は実績ある取組に加えて、構想(アイデア)も募集いたします。
これからのまちづくりを切り開くユニークな取組もさまざまご応募いただければと考えております。

「景観づくり活動」の事例
●地域の魅力を見つけ、共有し、守り育てる取組
●市民団体や企業等が行っているまちや自然の保全・整備
●多様な主体が交流、協働するための場所づくり、空間づくり
●モノづくりやイベントづくりを通したコミュニティづくり
●地域の魅力を発展させるための情報発信や情報交換の仕組みづくり
●新しいまちづくりのための意思決定やワークショップの仕組みづくり

募集期間

令和2年9月10日(木)~11月10日(火)(郵送の場合、当日必着)

審査委員
(敬称略)

乾久美子(横浜国立大学大学院Y-GSA教授/乾久美子建築設計事務所主宰)
梅林秀行(京都高低差崖会崖長)
谷口忠大(立命館大学情報理工学部教授)
宗田好史(京都府立大学教授)
行元沙弥(NPO法人グローカル人材開発センター代表理事)

募集の対象

京都市内を主たる活動の場とする景観づくり活動
※今年度は構想(アイデア)での応募も可能です。
※過去の取組で応募をする場合は5年以内を目安とします。

応募資格

景観づくり活動に取り組んでいる、又は新しい取組を構想している団体、法人等(形式や人数は問いません)。

表彰(予定)

市長賞/1件:表彰状及び副賞 30万円
優秀賞(アイデア賞含む)/9件:表彰状及び副賞 5万円
審査委員奨励賞、奨励賞/適宜:表彰状

主催

京都市

問合先

〒604−8571 京都市中京区寺町通御池上る 京都市役所分庁舎2階
京都市 都市計画局 都市景観部 景観政策課(担当:企画担当) 電話:075-222-3397

提出先・詳細

http://keikan.beedream.co.jp