第46回東京建築賞
目的

建築士事務所の優秀な建築作品を表彰することにより、魅力ある建築と都市の建設に貢献し、あわせて建築技術の進歩並びに地域環境と生活文化の向上に寄与することを目的とする。

募集範囲
  • 関東甲信越地方(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県、新潟県)に新築または改修された建築作品等(建築物およびリノベーション、インテリア、ランドスケープ、街並み景観などを含む)で、平成29(2017)年1月1日から平成30(2018)年12月31日迄の間に竣工したもの(竣工の日は検査済証の発行日とする)とし、次の部門ごとに募集する。
  • リノベーションについては、既存活用の観点から新たな建築空間の価値を構築したオリジナリティのある優れた作品を積極的に評価する。ただし、検査済証や建築士が作成した現況調査チェックリストなどにより、改修範囲の建築関係法令への適合性が確認できること。
  • 新人賞については、今後の活躍に向けた登竜門として位置付け、東京都知事登録の建築士事務所であって、初回の登録年月日より5年以内(平成27(2015)年2月1日以降)の建築士事務所の作品を対象とする。ただし、同一応募者の受賞は1回のみとする。
部門
  1. 住宅部門
  2. 一般部門
応募資格者

東京都知事登録の建築士事務所とする。
なお、入選した建築士事務所が一般社団法人東京都建築士事務所協会の会員でない場合、入会するものとする。

応募作品数
  1. 応募点数は3点以内とする。
  2. 3点応募する場合は、住宅部門の作品を必ず1点以上含めるものとする。
応募方法

詳細PDFをダウンロードし、ご応募ください。

応募登録料

無料とする。ただし資料作成・提出に要する費用は、応募者の負担とする。

応募期間

令和2(2020)年2月3日(月)から2月28日(金)必着とする。
※作品の提出は持参、もしくは郵送・宅配便等も締切日必着。
(土日祝日を除く9時~16時)

選考委員
(敬称略)
委員長
栗生 明
副委員長
宮原 浩輔
委員
青柳 一彦、岡本 賢 、金田 勝徳、車戸 城二、永池 雅人、平倉 直子、宮崎 浩、山梨 知彦、渡辺 真理
各賞

東京都建築士事務所協会会長賞
(1点、副賞300,000円)
各部門最優秀賞
(1点、副賞200,000円)
各部門優秀賞
(若干、副賞50,000円)
各部門奨励賞
(若干、副賞30,000円)
リノベーション賞
(部門を問わず若干、副賞50,000円)
新人賞
(部門を問わず1 点、副賞30,000 円、年会費3年免除)

提出先

一般社団法人東京都建築士事務所協会
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-17-17 渡菱ビル
TEL:03-3203-2601(代表) FAX:03-3203-2602
E-mail:jimu1@taaf.or.jp

主催

(一社)東京都建築士事務所協会

詳細PDF

https://kenchiku.co.jp/wp/wp-content/uploads/2019/12/cmp20191219-1.pdf